BLOG

ブログ

筋トレはじめて3ヶ月、確実に強くなっています。

ベンチプレス(胸)

デッドリフト(背中)

スクワット(脚)

筋肉は増えているハズです

胸・背中・脚のビッグスリーを鍛えています。

筋トレのパーソナルトレーニングジムに通いはじめて3ヶ月。

週1回通っていて、毎回ちょっとずつだけどでも確実に成長しているというのがわかるから筋トレは面白い。

鏡の前に立って自分のカラダを見れば筋肉がついているように見えます。

グラフを見てもわかる通り、上げられる重量は毎月上がっています。

そして毎日プロテインを飲んだり食事でタンパク質をたくさん摂るようにしている。

筋肉は増えているハズなんです。

筋肉量を数値化してくれる体重計

そう、ここ3ヶ月の行動からしてみれば、狙いとしては「体脂肪は増えずに、筋肉量が増えている」ハズなのですが、本当にそうなのか?数値で確認したくなります。

と、言うワケで、毎日の体重測定データにある「筋肉量」「体脂肪率」を確認してみることにしたんですね。

するとなんと!

予測通り、3ヶ月に渡る行動の結果がしっかり反映されていました。

タニタのインナースキャンに出てくる数値はけっこう正確じゃないかっ!?と、信頼感が高まる結果でした。

タニタ 体組成計RD-906 インナースキャンデュアル

 

筋肉量と体脂肪率のグラフ

 

3ヶ月間の筋肉量と体脂肪率の推移グラフです。

黄土色っぽい線が筋肉量で、エメラルドグリーンっぽい線が体脂肪率です。

筋肉量は徐々に上がっており、体脂肪率も若干上がり気味です。

筋トレとプロテインで筋肉量は想定通り増えていて、でもおそらく炭水化物と脂質の量が多くて脂肪も増えてしまっているのでしょう。

とにかく、筋トレとプロテインと食事の効果がデータに表れていることがわかりました。

 

タニタのインナースキャンは筋トレの効果を可視化する

もうしばらくデータ取っていきますが、信頼感が高まりました。

しかもこの型式は、スマホにアプリをインストールしてブルートゥースで連動させれば自動記録できるという優れモノで、毎朝体重計に乗ればいいだけ。

体重測定の記録が簡単に継続できるし、グラフ化も勝手にやってくれます。

 

まとめ

人間、成長を感じるとモチベーションが高まるようにできているようです。

筋トレすると、以前よりも確実に重量か回数が上げられるようになります。

ほんの僅かな差かもしれないけれど、なにかしら、必ず上昇していることが確認できる。

筋肉ウソつかない。

そういう意味で、筋トレは成長を感じることができるいい方法なんです。

体重計と合わせて習慣化するとめっちゃ楽しいですよ^ ^

それではー!

関連記事一覧