【上田市オススメスポット】え!?上田ってこんなにオシャレな町なの?上田市在住のぼくも知らない世界があってビビった話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
2015/10/2に東京の人と上田の町を歩くツアーに参加したのですが、そこで驚愕の事実に出会いました。

なんと!上田に十数年住んでいるぼくは、上田のことをまるで知らないんです!笑
知っているお店もありましたが、半分以上は初めて入る場所でした。

「こんなに近くに、こんなにオシャレで素敵なお店や人がいるのに知らないってどういうこと?」
 
って感じだったのですが、考えてみると凡人サラリーマンのぼくは、基本的に会社と家を往復し、週末は近場か大型ショッピングモールでほぼお買い物を済ませ、子どもと遊びにいくと言えば公園に行ったり遠出したりなワケですから、上田の町を知らないのは当然のことかもしれないなー、、、と気づいちゃいました。

それでは!そのとき出会った上田のオシャレな世界をご紹介します。
上田に初めて来た人、上田を案内したい人の参考になれば幸いです。

上田のおいしい食べ物に興味のある方は、こちらの記事をどうぞ。
【上田市おすすめまとめ】「心と体が喜ぶ健康な食事」をいただける上田のお店まとめ。(随時更新)

 

NABO.(ネイボ)

 
IMG_20151002_113355
BOOKS & CAFE NABO. 古本とカフェのある古書店

まずはNABO.で打ち合わせ。
IMG_20151002_111658
IMG_20151002_111641

店員さんが選書したオススメ本がオシャレに並べられている、オシャレなカフェ。
ゆったりと本を読んだり、コーヒーやお茶が飲めるスペースもあり、気軽な雰囲気で対話や打ち合わせができます。
IMG_20150726_101453
IMG_20150726_101529

東京から来た参加者の方が「1日中いても飽きない場所ですね」と言っていて同感でした。
IMG_20150726_101436
IMG_20150726_101325
IMG_20150726_101226

しかも、毎日イベントをやっているそうです。
イベント情報はFBページから→https://www.facebook.com/nabobookscafe
人が集まり、本が集まる。んー!オシャレな素晴らしい場所!

 

日昌亭支店

IMG_20151002_115038
日昌亭支店-食べログ
 
昼食はここで食べました!上田のソウルフードとのウワサもある(?)あんかけ焼きそばが有名っていうのは知ってはいましたよ、さすがのぼくでも。笑
ですが、来たことはなかった!初体験!

確かに変わった麺。
IMG_20151002_120409

細麺で、バキバキでもなくツルツルでもない、カタヤワラカイ食感。
うまかったー!上田に来たら、是非ご賞味あれ。

 

HanaLab.UNNO(ハナラボウンノ)

IMG_20151002_122932
HanaLab. UNNO

ここは知っていますよ。レセプションパーティーで一回来ました。
<参考記事>HanaLab. Unnoが明日の上田を変えていく
IMG_20151002_123116
IMG_20151002_123232

働きたい!という気持ちがあってもママは子育てがあってなかなか踏み出せない、企業側も社員として雇える自信がないから雇えない、、、そんなジレンマを解消していこうという、企業も社会も喜ぶような仕組みが動く場所を目指して立ち上がったハナラボウンノ。

ママさんたちのチャレンジが始まろうとしている、最高にオシャレな場所になっちゃってます。
クラウドファンディングが始まっていますので、興味のある方は是非。
『HanaLab.UNNO』がママ応援サポーターを募集!ママが働きやすい地方へ!
IMG_20151002_124234

 

ことば屋

IMG_20151002_125026
IMG_20151002_130046
ことば屋

ここ、何度か前を通ったことはあって、オシャレで気になってたんですが、なかなか入る勇気がなかったんです。
いやー入れて良かった!ていうか、そんなに構えなくても気軽に入れる雰囲気でした。
もったいなかったなー、、、

ここもバリューブックスが関わって作った場で、絵本をメインに取り扱っています。
IMG_20151002_130027
IMG_20151002_125137

オモシロ雑貨もあり。
IMG_20151002_125323

コーヒーもあり、NABO.と同様ついつい長居したくなる場所。
オシャレスポットに勝手に認定!(笑)

※ことば屋さんは2016年に「コトバヤ」として、柳町に移転しました。
コトバヤ
コトバヤ 本と珈琲
<参考記事>あなたがいるその場所の世界観をつくり出すモノ。

 

柳町

柳町にはオススメスポットが集中しています。

 

ルヴァン!
IMG_20151002_131510
IMG_20151002_131129
ルヴァン

おいしい天然酵母パンを焼いているオシャレなお店。
ここの玄米キッシュはマジ最高です。
<参考記事>これだけは絶対食べて欲しい!長野県上田市のパン屋「ルヴァン」の玄米キッシュが最高な件。

2階。
IMG_20151002_131318

ここではライブやイベントなども開催されるそうです。はじめて知った、、、

 

リベルテ!
IMG_20151002_131747
特定非営利活動法人リベルテ

ここは障害者の人たちの表現活動や生産活動を支援し、世の中に送り出している場所。
スタジオ兼グッズ販売所になっています。
IMG_20151002_132650

オシャレ空間にかわいい雑貨が並んでいました。
IMG_20151002_132303

ウーパールーパーもおる!
IMG_20151002_132855

 

岡崎酒造!
IMG_20151002_135229
岡崎酒造へようこそ

ぼくが東京から引っ越した時に感動したのは、空気がウマいということと、水道水がめちゃめちゃウマいってこと。
その上田の水でできている日本酒は間違いなくウマいはずです。

近くには滾々(こんこん)と湧き出てくる水場がありますね。
IMG_20151002_133830
IMG_20151002_133750

試飲をさせていただきました。
IMG_20151002_134636

ぼくはあまり日本酒飲まないのですが、飲みやすかったので家族にお土産を購入。
IMG_20151002_134232

お酒好きな方は上田でお土産を買うなら、ここはオススメスポットです。

 

おお西!
その日は行けませんでしたが、ここの蕎麦はオススメです。
<参考記事>【上田市のおすすめそば】テッパンの「おお西」。なんか落ち着く店内で、世にも珍しい白いそば「更科」を堪能せよ。

大泉洋さんも絶賛していましたよ。

 

北欧家具haluta

IMG_20151002_165006
haluta
 
北欧の家具をリペアして販売している場所。
上田の川向こうに、こんな巨大でオシャレな家具屋が完成しつつあるとはまったく知りませんでした。
IMG_20151002_161651
IMG_20151002_164348
IMG_20151002_164529
IMG_20151002_164708
IMG_20151002_164747

北欧の家具は丈夫で直せば全然使えるらしく、ファンも多いそうです。
しかも味が出てるんですよ。元が良いからかもしれません。
遠方から訪ねてこられるお客さんもいらっしゃるとか。知っている人は知っているんですねぇ。

大量生産大量消費の社会を生きてきたぼくらが、今社会の変革時期を迎えて、大切にしたい・すべきモノがここにはある気がしました。

小難しい話は抜きにしても、ホント、オシャレな家具ばかりでなんか心地良かったです。

刺激的な場所は目の前にたくさんある。ただ、知らないだけ。 #上田市

大野晃義さん(@hagemarua)が投稿した写真 –

 

HanaLab.TOKIDA(ハナラボトキダ)

IMG_20151002_172653
HanaLab. TOKIDA

で、最後はハナラボ1号店で終了。
<参考記事>起業を考えているあなたは上田市に移住だ!起業を考えるならコワーキングスペース「HanaLab.」に行くべし。

 

まとめ

その地域に「根づく」ということが、どういうことなのか考えさせられた1日でした。

家族ができ、住む場所を決めて、生活が固定していくということは、内側に閉じていき、刺激的なモノゴトを排除して安定に向かっていく。それって別に悪いわけではないんですが、目先の安定に向かう人は(悟りを開くくらいの人じゃなきゃ)好きなことを諦めて悶々と生きる傾向があるような気がします。

ぼく的には、その土地を知り、その土地のモノや人を好きになることこそ「その土地に根づく」というイメージでしたが、自身は会社と家の往復で、会う人もほぼ固定されつつある世界の中で生きていて、本来の意味から遠く離れていっているんだなーという客観的な感覚を持つことができた良い機会でした。

 

刺激的な毎日は目の前のすぐそこにあります。安定を求めて必死に目を背けているだけなのかもしれない。
不満をもらす人たちは、もっとまちに出て、人に出会えばいいのだ、ということに気づきました。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

これあると便利。

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ