たった1%の人だけが実践する「幸せになる方法」

幸せになる方法
なんで自分ばっかり、こんな目にあうんだろう…
わたしの人生、なんでこんなにうまくいかないのかな…

あなたがそう思うってことは、好きな人に恋人がいることがわかったのか、買いたいものが買えないのか、それとも親が過保護でいつまでも子ども扱いしてくるのか、痩せたいのに痩せれないのか…

まあ、具体的にはなんだかわからないけど、何か良くないことや不安な日々が続いていて、落ち込んだり悩んだりしているからではないでしょうか。

そんなあなたに朗報です。

結論から言っちゃいますと、

結論
信念と真実の仕組みを知れば、誰でも1秒で幸せになれる

です。

あーはいはい!よくある『幸せだと思えば幸せになれる』とかいうやつでしょ!

と思ったそこのあなた。

半分正解ですが、半分は間違ってます

この記事を読めば、そんな風に自分が斜めに構えてしまう理由もわかるし、実践すればマジで1秒で幸せになれることを保証します。

今回は、 『 ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 』 と、さとうみつろうさんの著書『Rei(レイ) 上』を参考に、以下の順番でお話していきます。

それではいってみましょう!

 

幸せになるために知っておくべき仕組み

悩みや不安を解消するために、幸せになるために、あなたは行動を起こします。

でも、いまのままでは、どんな目標を立ててどんな行動を起こしたとしても、悩みも不安も解消できず、幸せになることができません。

実は、変えようとするモノを間違っちゃってたんです。

幸せになるために知っておくべきことは、

知っておくべきこと

自分の行動を操っている信念の仕組み

です。

ダイエットを例に説明していきますね。

 

ダイエットに失敗するのはなぜか

あなたは自分が怠惰な生活をしていることに気づきながらも「運動すべきではない理由」をでっちあげ続け、ブクブクと太ってしまい、こんなはずじゃない!嫌だ!と感じました。

痩せたい!あと5kg落としたい!

と、結果を良くすることを考え、目標を立てるでしょう。

そして、

炭水化物はなるべく食べず、毎日30分運動すれば3か月後には痩せているハズ

と考え、行動しはじめます。

では、予言しましょう。

怠惰な生活をしてしまうあなたのことなので、おそらく3日、持って2週間で、ダイエットを断念してしまうでしょう。

いやいやそんなことないですよ!わたしは絶対やり抜けます!

そうですね。失礼しました。

もしかしたらあなたは「太っているのは嫌だ!」という感情をバネに、気合いと根性で努力を続け、3か月後に5kg痩せることができるかもしれません。

しかしおそらく、怠惰な生活をしていたあなたは、目標の体重を達成したあとリバウンドで元の体重に戻ってしまうハズです。

・・・

わたしの人生、なんでこんなにうまくいかないのかな…

これ実は、あなたの根性がないからでもないですし、あなたは1ミリも悪くないんです。

ただ、「変えようとするモノが間違っていた」だけ。

 

信念の仕組みを知る

あらゆる行動の背景には、信念の仕組みがある

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 』 より

変えようとするのは、「体重が5kg減った」という「結果」ではなく、

「炭水化物はなるべく食べない、毎日30分運動する」という「行動」でもなく。

あなたの行動を操っている「信念」を変えようとすればいい

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 』 より

と習慣化のスペシャリストであるジェームズ・クリアーさんは言っています。

究極のたとえですが、もしあなたが「菜々緒」だったら、自分のカラダをメンテナンスしたり美しいボディーラインを保つことを怠るでしょうか?

これは冗談でもなんでもなく、「自分は菜々緒である」という信念を持っていたら、怠惰な生活をして太ってしまったなんてことは絶対に起こりません。

そんな!菜々緒になんかなれっこないじゃん!

と思ってしまうようなら、以下の2人の禁煙者の言葉を例に、どちらの方が禁煙できそうか確認してみましょう。

 

Aさん

結構です。やめようとしているので。

Bさん

結構です。わたしはタバコを吸いませんので。

 

Aさんは、自分はまだ喫煙者だと信じていて、他の何かになろうとしています。

Bさんは、喫煙は過去の習慣であり、信念の変化を示しています。

どちらの方が習慣を続けられそうかは、明らかですよね。

 

信念の変化に着手する

ここまで書いてきた通り、

「どのような人になりたいか」=「信念」

を意識して変化に着手する人には、勝手に良い習慣が定着します。

同じように、幸せになるためには「結果」や「行動」を変えようとするのではなく、「どのようになりたいのか」=「信念」を意識して変化に着手すべきです。

 

幸せになるために気づいておくべきこと

まずは「幸せの条件」について確認しましょう。

幸せの条件

やりたいときに、やりたいことを、やれている状態

このとき、あなたは幸せだと言えます。

ではその状態になるために、さとうみつろうさんの著書『Rei(レイ) 上』を使って、あなたが幸せになるために気づくべきことをまとめていきます。

 

真実の仕組み

あなたがまだ知らない真実の仕組みがあります。

それは、

真実の仕組み

人間は今、やりたいことを誰もがやっている

ということ。この原則に例外はありません。

はぁ?なに言ってんですか?自分はいま『お金持ちになりたい』と思っているけどなれてないよ!

いやいや!わたしはいま『痩せたい』と思っているけど、痩せてませんよ!

と言いたくなりますよね。

 

あなたはやりたいことだけをやり続けてきた

でも、あなたはいま『お金持ちになりたい』と「思いたい」ワケです。そして、思うことができています。

あなたはいま『痩せたい』と「思いたい」ができている。

もし『会社を辞めたい』と思っているけど辞められないのであれば、『辞めたい』と「思いたい」だけで、本当は辞めたくないということになります。つまり、『(本当は)辞めたくない』ができている。

子どもみたいな屁理屈を言ってる!

と思ったかもしれませんが、でも本当に、どのケースに当てはめても例外がないんですよ、コレ。

もう少し話を進めます。

たとえば 『美味しいステーキが食べたい』と思ったとき、「思いたい」ができています。

そして、

『美味しいステーキを食べている』 と「思いたい」

になったとき、 行動が起こります。

ですがステーキ屋さんに行く途中で、

そんなお金の余裕がない

贅沢をしちゃイケナイ

と思えば食べに行くのを止めて引き返すでしょう。

つまり『美味しいステーキが食べたいけど、お金の余裕がないから食べない・贅沢をしちゃイケナイから食べない』ができている状態。

ほら。

その瞬間瞬間において、人間はやりたいことを誰もがやっています

 

つまり常に「幸せ」ということ

幸せの条件は、

幸せの条件

やりたいときに、やりたいことを、やれている状態

でした。

幸せになるために気づくべきことは、あなたは常に幸せの条件を満たしていて、つまり常に幸せだということです。

そして、最初に解説した「信念の仕組み」を思い出してください。

幸せになるためには「結果」や「行動」を変えようとするのではなく、

「どのような人になりたいか」=「信念」

を意識して変化に着手する。

あなたはいま、どの瞬間もやりたいことがやれていて

すでに幸せだった

と気づいた。

つまり信念そのものが「幸せな自分」に変わったので、あとは幸せな人がしている習慣が勝手に回り続けるだけです。

これが「真実の仕組み」であり、気づいた人がこの仕組みを取り入れ実践しているたった1%の人だけが幸せになっています。

パーセンテージ、少ないからもっと増やしちゃいましょう^ ^

 

幸せになるための魔法の質問

ここまで読んでくれてありがとうございます。

腑に落ちた・納得できた人は、あとは

自分はやりたいことを、やりたいときに、やれている状態だ

とひとつひとつ確認していけばいいだけです。  

 

でも、

なんか腑に落ちない!

納得できない!

それがわかっても現実は変わらないじゃん!

と思う人もいるかもしれません。

そういう人のために『Rei(レイ) 上』には魔法の質問が書かれていましたので紹介します。

自分自身にこう問いかけてみてください。

現実を変える魔法の質問

あなたは「なりたい」と感じたいのか?それとも「なれている」と感じたいのか?

たとえば、こうです。

  • 「痩せたい」と感じたいのか、「痩せている」と感じたいのか
  • 「ステーキを食べたい」と感じたいのか、「食べている」と感じたいのか
  • 「お金持ちになりたい」と感じたいのか、「お金持ちになっている」と感じたいのか
  • 「会社を辞めたい」と感じたいのか、「辞めている」と感じたいのか
  • 「人の役に立ちたい」と感じたいのか、「役に立っている」と感じたいのか

現実を変えたいのならこんな風に自問し、後者なら「信念」の変化に着手します。

「痩せたい」ではなく、「痩せている人=菜々緒」になって、その人がしている行動を取ればいい。

「会社を辞めたい」ではなく、「会社を辞めている人」になって、その人がしている行動を取ればいい。

そしたら、現実はマジで間違いなく絶対に変わります。 

 

まとめ:幸せになる方法

信念の仕組み」と「真実の仕組み」に気づけたら、いまこの瞬間に、1秒で幸せになれることがわかりました。

というか、

もうすでに幸せだった

ことに気づけました。

そして、現実を変えたいのなら、

現実を変える魔法の質問

あなたは「なりたい」と感じたいのか?それとも「なれている」と感じたいのか?

と自分自身に質問すればいいです。

一緒に、いま、幸せになれましたね^ ^

それでは、またー!

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ YouTubeで人間関係や仕事の悩みが「シンプル」になる本を3つのポイントに要約して紹介しています。 その他、カレーのキッチンカーでイベント出店、コトバヤで間借りカレー、子ども向けロボット教室、ブログ、やってます^_^