BLOG

ブログ

 

魚のさばき方教室で習ったことを日常で活かしたい!と思ったので、新潟県に行ったときに、新鮮なサバを買いました。

【参考記事】考えるな、感じろ。

 

サバのサバき方

先生に習ったことを復習しながらさばきました。

 

鱗を落とし、頭を切る

包丁の裏で鱗を落とし、軽く水洗いして、頭を落とします。

 

お腹を切り、内臓を取る

その後、お尻の穴から頭がついていた方向にお腹を切り、内臓を取ります。

 

血合いをできるだけキレイに取り除く

内臓を取りながら、「血合い」という血の塊を包丁でザクザクしながら、できるだけキレイに取り除きます。

ここがポイントで、血合いをどれだけ取ったか?によって、魚の生臭さが変わります。

 

キレイに素早く洗う

そしたら洗います。

素早く洗います。

 

このとき、包丁とまな板もキレイにします。

菌がたくさんついているので、できるだけ道具は清潔に。

 

背中に縦に切り込み、骨を感じる

ここはうまく説明できません。笑

 

骨を感じながら骨の上を滑らすように、お腹の方をめがけて切っていく

ここも、うまく説明できません。笑

ただ、骨を感じることができないと、お肉を骨にたくさんつけたまま切ってしまうことになり、もったいないです。

 

お腹側からも骨の上を滑らすように真ん中めがけて切る!

すみません。笑

ただ、骨を感じてください。

 

骨の上を滑らすように、しっぽめがけて切る!

申し訳ない。

骨を感じろ!しか言えません。笑

 

骨の上を滑らすように、頭のあった方向めがけて切る!

考えるな!感じろ!

 

サバをサバけました

意外とキレイにできた。

先生に報告したところ、「サバは身が柔らかいから、ボロボロになりやすいよ」と。

上出来だ!自分!笑

 

サバの塩糀漬けグルフリ揚げの作り方

塩糀に漬けました

一晩、塩糀に漬けました。

味噌屋さんの塩糀はいまのところ外れがありません。


ひかり味噌 塩糀 550g

 

自分で作るのが間違いないです。


百川味噌 塩麹手作りキット 出来上がり1kg用 新潟県産コシヒカリ米と赤穂の天塩
 
【参考記事】超面倒くさがりのぼくでもできた超簡単な「塩糀」の作り方とレシピ。
 

溶き卵をつけます

 

米粉をつけます

 

揚げました

米粉を使ってフライにすれば、グルフリ(グルテンフリー)です。

 

いただきます!

 

まとめ

以上、サバのサバき方と、新鮮・簡単・美味しい・ヘルシーな「サバの塩糀漬けグルフリ揚げ」でした。

海の幸と、日々の食事に感謝します。

ごちそうさまでした。

関連記事一覧