BLOG

ブログ

今日は15人分のアボカドチーズキーマカレーをつくっていきます。

ちょっとずつつくるのが面倒なので、いっぺんに大量につくって、小分けに冷凍して、食べています。

前日に仕込んでおきたいこと

豚ひき肉800~1000g

塩糀100g

をまぜあわせて一晩寝かしておくとより美味しくなりますが、料理をする日に最初に仕込んでもオッケーです。

ではつくっていきましょう。こちらの動画も参考にしてください。

 

下ごしらえ①【野菜】

玉ねぎ500g

しいたけ4~6本

フィリップス マルチチョッパーでみじん切りにします。

にんじん1本

を適当な大きさに切って、

100mlの水と一緒にIwatani クラッシュミルサー IFM-C20Gでジュースにします。

機械を使うと料理がラクになるのでオススメです。

 

下ごしらえ②【薬味】

にんにく約5g

しょうが約5g

をみじん切りにします。

こちらはフードプロセッサー使えないので包丁で切りましょう。

 

パウダースパイスの準備

保存容器のフタを開けると、エキゾチックな香りが立ち上がります。

ターメリック 大さじ1

コリアンダー 大さじ1

クミン 大さじ1

カルダモン 中さじ2

シナモン 中さじ1

ナツメグ 中さじ1

クローブ 中さじ1

チリペッパー 中さじ1

塩 中さじ1

こしょう 小さじ1

 

その他の準備

ヨーグルト200g

ヨーグルトは開封前に激しくシェイクしてトロットロにしておくと調理するときにラクです。

 

ホールトマト400g

1缶全部使います。

 

隠し味

味噌30gとだし醤油25gを混ぜ合わせておきます。

みそとだししょは日本人の心です。これを入れると、ググっと私たちの味に近づきます。

 

調理開始

こめ油大さじ2~3

クミンシード約3g

をフライパンにいれます。

 

火をつけて強火にします。

クミンシードが茶色くなってパチパチ音がしてきたら、

みじん切りしたにんにくとしょうが

をいれます。

 

にんにくが茶色くなるまで炒めたら、

みじん切りしたたまねぎ500g

をいれます。

 

すぐに塩ひとつまみいれ、まんべんなくかきまぜたら、たまねぎを全体的に平らにならし、そのまま1分間ほど放置します。

またまんべんなくかきまぜて、たまねぎを全体的に平らにならして、1分間ほど放置します。

これをたまねぎがあめ色になるまで何度も繰り返す

ポイントは焦げ付きを怖がらず、強火で攻めることです。

 

水分が飛んできたら、50ml差し水をして、水が飛ぶまで炒めます。

水分が飛んできたら、もう一度50ml差し水をして、水が飛ぶまで炒めます。

 そうするとキレイなあめ色たまねぎが完成。

そしたら、

ホールトマト400g

をいれます。

トマトをつぶしながらかきまぜて水分を飛ばしていきます。

 

水分量がいい感じになると、へらで「カレーロード」をつくれるようになります。

これだとまだ少し水分が多い。

これくらいになったらオッケー。

カレーロードができるまでかきまぜながら炒めます。

 

にんじんジュースをいれます。

カレーロードができるまでかきまぜながら炒めたら、

 

中火にして、

ヨーグルト200g

をまわしいれます。

ヨーグルトは「だま」になりやすいので、いれたらすぐにかきまぜましょう。

フライパンを傾けたときに、具がひと固まりで移動するくらいまで水分を飛ばしましょう。

 

弱火にして準備しておいたパウダースパイスをいれます。

 

偏らないように、まんべんなくかきまぜたら「カレーの素」が完成。

 

火を消して、キレイなフライパンと入れ替え、塩糀漬けした豚ひき肉を強火で炒めていきます。

 

肉がある程度焼けて白くなってきたら、先ほどつくったカレーの素としいたけを入れてまぜあわせます。

中火にし、水250mlをいれ、

てんさい糖を大さじ3いれて、

まぜあわせます。

水をいれて煮込む感じです。しいたけの出汁が出ます。

 

最後に隠し味のみそとだし醤油を合わせたものをまぜあわせて、

煮詰めたら、

完成。

関連記事一覧