場の雰囲気をオープンにするために必要なこと。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

誰にでも「本音と建前」があると思う。

ぼく自身も、なるべく人と本音で付き合いたいと思ってはいるけれど、まだ建前を使っていることもあるなと自覚している。

だから建前なしで自然体で生きている人にぼくは憧れるし、無条件に魅力を感じるんだと思う。

「本音で語れないこともある」というのはわかる。

でもそれは、他者からしてみれば「建前」という大きな溝となる。

これ以上近づけないという感覚は、信頼関係を築くための弊害となる。

そして、もっとも厄介なのは、その建前は本人が勝手に思っている「守りたい・守らなければならない」というアンコンシャスバイアスであることが多いということ。

本人だけでは気づくことができない、無意識のガードやバリアになっている。

そのガードやバリアに何かしらの形で本人が気づき、いい感じに開き直れたところから、相手との信頼が少しずつ生まれていくんじゃないか、と思う。

昨日は「身勝手な開き直りではなく、誠実な自己開示が、場の雰囲気をオープンにする」ということがわかった日でした。

 

日々の記録

バターコーヒー、食事、体重の「日々の記録」をまとめてインスタでアップすることにしました。

日々の記録! ・ 【本日のバターコーヒー】 コーヒー豆:みずきの珈琲倶楽部 ペルーチャンチャマイヨ ・ グラスフェッドバター:ニュージーランド産アンカーバター15g ・ MCTオイル:ココナッツ由来100%5ml ・ 【昨日の食事】 昼食 塩糀漬け鶏むね肉のグラスフェッドバター焼き、玉子焼き、アスパラベーコン巻き、アスパラサラダ、おむすび、ブルガリアヨーグルト ・ 夕食 アボカドとエビと牛挽肉のタコライス、サーモンとアボカドのサラダ ・ 間食 チップスター1本、みかん1個、チョコレート1粒 ・ 【本日の体重】 48.9kg。 前日より-0.3、前々日より-0.1。 ・ #バターコーヒー #グラスフェッドバター #MCTオイル #タイムエスプレッソ #みちひらき #塩糀 #とりむね肉 #タコライス #アボカド #ペルー #コーヒー豆 #体重測定 #健康的な食事 #日々の記録

大野晃義さん(@hagemarua)がシェアした投稿 –

誠実な自己開示をしていこう

「オレが悪かった」

やってしまった本人が一番反省していて悩んでいて辛くて、周りのみんなはその人がやってしまったことを認識しているんだけど。

責任あるポジションにいる人の「オレが悪かった」の、たったその一言ににじみ出る「誠実な自己開示」が、周囲の人の感情を震わせる。

それは、その人が「自分は責任あるポジションの人間だから、こうあらねばならない」とか、「部下から期待されている通りの人間でいなければならない」という、アンコンシャスバイアスを脱ぎ捨てたからであり。

「建前」よりも、「目の前の人との信頼関係」を大切にしたから。

簡単で安い言葉や、「しょうがないじゃん」が含まれた身勝手な開き直りの言葉では、人の心は動かない。

「誠実な自己開示」をにじませる行動が、不信の溝を埋め、場の雰囲気をオープンにしていく。

いいことも悪いこともオープンにできるようになればなるほど、そこは「居心地のいい場所」になっていくんだと思います。

まずは半径3mから。

自分が自然体でオープンでいられる「居心地のいい場所」をつくっていこう。

 

参考にした本

あなたのチームがうまくいかないのは「無意識」の思いこみのせいです―信頼されるリーダーになるたった1つのこと

 

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ