コロナが教えてくれたこと

東御中央公園

「こうしたい」と強く思ったなら、すぐに行動をはじめた方が良い。手遅れになる前に。

確かにそう思っているのに、なかなか行動に移すことができないことが今まで何度もあった。

ただ、コロナのおかげで親父に会えなくなって、母親や兄弟や友達ともなかなか会えなくなって「1年後には世界はどうなっているのだろう」と考えるようになってから、内面がかなり変化したように感じる。

きっと、自分だけじゃないと思う。

何が起こるかわからない世の中。お互い、いつ死ぬかわからない人生。

「もう、会えないかもしれない」

そう思ったとたん、できることはやっておこう、行動しなければ、という衝動が湧き上がった。

父との面会

「思ったなら行動しなければ」と思い立ったのは、コロナで寝たきりの父と会えなくなったことが1つの大きな要因だと思う。

私は長野県に住んでいる。

いままでは東京の実家に行ったらほぼ必ず会いに行き、こちらから投げかける冗談で笑ってくれる父を見て、握手をして体に触れることが当たり前のようにできていたのに。

親父

同じ空気を吸っている実感、体温を交換し生きていることを確認し合う喜び。

コロナのおかげで、いままで当たり前だったことの有難さがわかった。

いまは、ホームの方々が忙しい合間をぬってLINE電話によるオンライン面会をセッティングしてくれるおかげで、元気に過ごしている姿を確認することはできる。

これも本当に有難いことだけれど、やはり、早く直接会いたいという気持ちは収まらない。

直接会ってみないことには、わからないこと、感じられないことがあるのだと、コロナは教えてくれた。

在宅勤務

私の勤めている会社には、東京で働く人たちが数人いる。

コロナ以前、彼らは月に1度は長野に来ていたが、いまはオンラインミーティングでしか会わない関係。

生きていることも、仕事をしていることも、画面越しにわかる。

でも、リアルに会うのと比べると、圧倒的に足りない「何か」がある。

オンラインミーティングと次のオンラインミーティングのあいだには、暗くて深い溝が横たわっている。

直接会わないと読み取れない情報は間違いなくある。

せめてオンラインで会ったときだけでも、相手の話をじっくり聞こう。

コロナのおかげで、以前よりも人の話を聴ける人間になったと思う。

コロナのおかげ

コロナのおかげで、当たり前の素晴らしさに気づいたし、少し先のことを見据えて行動できるようになったし、本当に望んでいることに向かって行動をはじめることができた。

ちょっと先の未来を見据えながら、当たり前のいまに感謝しよう。

それでは、またー!

東御中央公園

2 件のコメント

  • ありがとう
    貴方の記事で大切なことを学びました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1980.1.1 東京生まれ YouTubeチャンネル『シンプリィライフ』では、本を参考にしながら無意識の思い込みから自由になる方法をアニメーションで解説しています。本業は古本買取サービス「バリューブックス」のSEOマーケティング担当。