世界は、本当はめちゃくちゃシンプルなのに。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
今、神田昌典さんの「ストーリー思考—「フューチャーマッピング」で隠れた才能が目覚める」という本を読んで「フューチャーマッピング」という未来を描く手法を勉強しています。

 

その中にあった「ギフトボックスの中身」を思い描くワークで浮かんできた言葉が、自分で言うのも何なのですが笑、不思議なくらいしっくりくる詩になったのでログしておきます。
 

 

 

————————
 

世界は、本当はめちゃくちゃシンプルなのに。

 
DSC_0031

 

2人しかいない空間に現れた
真っ白な砂浜と 真っ青な海

 

砂は温かく 波は穏やかで 海の音は心地良い

 

寝そべっていると 眠りに落ちる
夢の中には 宇宙があった

 

どす黒い感情のない 場所
すべてが許され うけいれられる場所
誰かの喜びが 自分の喜びに変わる場所

 

2人しかいないのに みんながいる感覚
ぼくたちが生まれた 何もないシンプルな世界
 
12395481_1065802256803350_1036701958_n

 
————————

 

 

 

 

ぼくの思い描く世界は、たぶんこんな世界。
頭では理解できていませんが、、、笑
どんな未来が待っているのか、ワクワクします。
 

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ