【良風土】「会社は社員を幸せにする場所だ」と言い放つ未来工業のヘンなきまり

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket





 

以前にも紹介しましたが、未来工業という会社がぶっ飛んでて面白くて素晴らしいので、本を買って読んでみました。
 

 

・常に考える
・他人と差別化する
・いいと思ったことは恐れずに行動に移す
・ダメならすぐに戻す

 

本書の中で、この4つについて耳タコなくらい言ってるんですが、なんでこれらが大切なのか?どうして大切にしているのか?という、未来工業の創業者山田昭男さんの想いが書かれています。

 

スポンサードリンク




 

 

山田昭男さんが持つ「想い」

 
山田さんは、

 

会社は社員を幸せにする場所だ

 

と言い放ち、その上で社長の仕事とは、

 

私は、社長の仕事というのは、社員を幸せにし、「この会社のためにがんばろう!」と思ってもらう”餅”を考え続けることだと思っている。

 

と言います。
なにが一番すごいかって、ここだと思います。本気で社員の人生について考えているんです。
普通は自分が生きるのにいっぱいいっぱいで、なかなか他人の人生を考えてあげることなどできません。

 

だけど山田さんは、

 

やはり人間というのは、「生きていてよかったなあ」と思えることが幸せだと思う。社員にはそう感じてもらいたい。時間は自分の好きなことに使ってほしいし、「あっという間に過ぎてしまう人生の時間を大切にしなさいよ」と言いたい。

 

と。

 

でも、「いやいや!そんなの口ではいくらでも言えるよ!」というツッコミが入りそうですよね。
それが「本気である」というがわかるのは、やっぱりその人の具体的な行動しかありません。

 

じゃあ山田さんは、大切だと思うことの実現のために具体的になにをしたのか?ですよ。

 

 

山田昭男さんの具体的な行動

 
未来工業には他にはない、常識をくつがえすような「ヘンなきまり」があります。

 

・ホウレンソウは禁止
・制服、作業服は自由
・幸せを感じるためにはそれなりの給料も必要だから名古屋地区並みには出している
・定年は70歳、65歳社員の年収は700万、かつ下がらない
・働いている800人全員社員
・休日は年間140日、年末年始は20連休
・5年に一度の海外旅行は全員参加、全額会社負担
・5人集まればクラブ活動費月1万円、審査なし
・就業時間は8:30〜16:45、日本一勤務時間の少ない会社にしたい
・残業なんてしないで人生の時間を存分に楽しめ
・どんなことでも、会社を良くするための提案書を紙に書いたら封を切る前に500円支給

 

と、数え始めるとキリがないんですが、すべて聞いたことのない突拍子もない制度ではないですか!餅・餅・餅のオンパレード。山田さんは性善説を唱えています。要は、人間を、というか日本人を信じている。だから普通の会社とは真逆のことを平気でやれる。

 

これらの制度で特に気になるものについて、山田さんの言葉を引用していきます。

 

 

ホウレンソウは禁止

 

上司にいちいち報告している時間も労力も電話代ももったいない。情報は最低限のものを共有していればいい。社員は、自分が考えて、自分で判断して、行動すればいいんだよ。

 

現場のことは担当社員が一番知っている。第一、全部自分でやれるのはうれしいだろ?

 

(ホウレンソウによって)不満が溜まるということは、不幸ということだ。会社というのは社員を幸せにする場所なんだからさ。

 

いちいち上司のお伺いを立てていると自由な発想も自主性もなくなる。事情をわかっていない上司を説得することにたくさんのエネルギーを使うことにもなる。それでは本末転倒だよ。

 

 

働いている800人全員社員

 

バカだよ。人間をコスト扱いするなと言いたい。
例えば、会社が月に30万円払うところを15万円で済んだとしようか。しかし、同じことをさせておいて半分しか払わないのに、パート社員が正社員と同じ気持ちで仕事をすると思うか?働くわけがないだろう。

 

働く人間のモチベーションや幸福感が低ければ、会社の儲けは出ない。そういうことは、自分がいろいろな立場で働いたことのある人間ならわかると思うが。

 

 

残業なんてしないで人生の時間を存分に楽しめばいい

 

・・・自分の自由になる時間は(1日のうち)4時間しか残っていない。その大切な4時間を、くだらない会社の残業に使ってどうするの?働いて、食って、寝るだけの毎日だったら、動物と同じじゃないか。

 

やはり人間というのは、「生きていてよかったなあ」と思えることが幸せだと思う。社員にはそう感じてもらいたい。時間は好きなことに使ってほしいし、「あっという間に過ぎてしまう人生の時間を大切にしなさいよ」と言いたい。

 

 

まとめ

 
未来工業の成長の秘訣は、「徹底した差別化」と「社員の幸福」を実現するための具体的な仕掛けをつくっていること。
絵にしてみるとこんな感じ。
 
未来工業.003

 

社員の幸せを願い、結果的にそれが会社の利益にもつながっているという素晴らしく良風土な会社でした。
工場見学したい。

 

 

あなたの「人生の文字盤」が見つかることを願っています。
それでは!

 




 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ