BLOG

ブログ

 
DSC_0031

※この記事の写真は友人から頂いた与論島の写真です。

 

さあユニホームを脱いで自由を手にしたらいい

-Mr.Children「未完」-

 

 

スポンサーリンク




 

 

島にある海や空には、心のユニフォームをぬがせ、自由を感じさせる力を持っている気がします。

 

自由。
なんて心地よい響きなんでしょうかー!

 

「人間はみな自由をになるために生きている」
そういわれても違和感はまったくありません。

 

 

でも、本当はもとから自由なはずなのに、不自由を手に入れるために迷路に迷いこみ、自ら選んだ道に不満をいいながら生きているのが現実です。
DSC00352

 

 

お金、仕事、結婚、子育て、家族、価値観、生活、、、
常識や思い込みやルールは、知らないうちに脳に染み込み、「そうしないと幸せにはなれない」ような錯覚を目の前に映し出します。
DSC00447

 

 

そんな日常に疲れ果て、自由を求めて旅に出ます。
日常の喧噪を忘れ心を癒そうと自然に触れるのです。
DSC00409

 

 

島には自由を感じます。
DSC00504

 

 

果てしなく広がっているように見える海と空。
DSC00432

 

 

心が解き放たれ、世界のすべてが自分のものであるかのように感じさせる。
DSC00445

 

 

でも、

 

大きな世界に投げ出されれば、自分だけの小さな世界を欲し、
小さな世界にいれば、物足りないと大きな世界を渇望する。
DSC00646

 

 

自由が欲しいと望みながら、結局は不自由な世界へと戻っていく生き物。
DSC_0032

 

 

島には本当の自由があるのか。
それとも過酷な現実があるだけなのか。
 


 

 

確かめにいけばいい。
というわけで夏の旅のテーマは「島」です。
島にいって、自由と過酷で辛い生活を満喫してこようと思います。

 

それではー!

 

関連記事一覧