BLOG

ブログ

 
ここに「信濃かしぐるみ」がある。

生くるみとゆっくりいそげ

 

大人のくるみ

少し時間のたった「乾燥したかしぐるみ」は、「パキッ」という気持ちの良い音を立てて、簡単に割れる。

くるみ

 
でも、中身の仁(じん)についている皮は、乾燥しているせいか剥くのは至難の技。
皮には渋みがあり、噛めば噛むほど経験深い大人の味わいが、口の中に広がる。

 

子どものくるみ

採れたての「生かしぐるみ」は、殻がしっとりしていてキレイには割れない。

生くるみ 殻が割りにくい

 
でも、中身の仁(じん)についている生ぐるみの皮は、ペリペリと気持ち良く剥ける。

本物の生くるみ

本物の生くるみ

 
皮のない、真っ白な仁(じん)を食べる。

本物の生くるみ

 
噛めば噛むほど、甘くクリーミーな味が解放されていく。
なにものにも汚されていない、純粋なエネルギーを持つ無邪気な子どものような味わいが、口の中を駆け回る。

 

どちらも自分

ぼくやあなたの中には、乾燥した経験深い大人のような仁もあれば、みずみずしく真っ白で無邪気な子どものような仁もある。

そして、そのどちらにも、くるみと同じようにそれぞれの味わいがある。

 

どちらが善い悪いではなく、

どちらもあって自分だし、

どちらも噛めば噛むほど味は深まり、

それぞれに、感動があり、

それぞれが、人を幸せな気分にする。

 

大事なのは殻を割るその瞬間。
その瞬間に、結果はすべて決まっている。

 

どちらも自分で、どちらも大切。

 

関連記事一覧