くろつぼの「とうじそば」で、氷点下の上田の冬を乗り越えよう。

 

くろつぼのとうじそばが、たまらなくうまい。

寒くなるとあの味を思い出し、どうしようもなく食べたくなってしまいます。

 

くろつぼの店主、福崎さん。

「自分の住むまち上田市に、カラダにもココロにも美味しい飲食店をひとつでも増やしたい」という気持ちで、くろつぼをはじめたそうです。

 

くろつぼの「とうじそば」は、信州奈川の郷土料理を再現したもの。

福崎さんは奈川で食べたこの郷土料理が忘れられず、上田に住む人たちや旅行や仕事で来てくれた人たちに、体の芯から温まる「とうじそば」をくろつぼ流にアレンジして提供することにしたのです。

 

くろつぼ「とうじそば」の楽しみ方

野菜とお肉がたっぷり入っているあつあつの土鍋。

くろつぼ特製のお蕎麦を、

「とうじかご」に入れ、

野菜と鶏肉のだしがたっぷり出ている汁につけて温めます。

蕎麦が温まったら、器によそいます。

蕎麦のうえに具をのせて、

温かい汁を好きなだけかけます。

はい、召し上がれ。

とうじそばを食べながらくろつぼオススメの日本酒を飲めば、カラダはもうホカホカです。

 

2度楽しめる、くろつぼの「とうじそば」

とうじそばの汁と具は、少し残しておくといいことがあります。

締めは軍鶏のたまごとごはんを投じて、おじやにして食べましょう。

放し飼いの軍鶏の、新鮮なたまごは色が鮮やかです。

 

くろつぼのとうじそばを食べて、氷点下の冬を越えるエネルギーをたくわえよう。

 

くろつぼのウェブページはこちらです。

蕎麦 地酒 合鴨 くろつぼ | くろつぼは、石臼碾き自家製粉そば店です。

 

それではー!

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ YouTubeで人間関係や仕事の悩みが「シンプル」になる本を3つのポイントに要約して紹介しています。 その他、カレーのキッチンカーでイベント出店、コトバヤで間借りカレー、子ども向けロボット教室、ブログ、やってます^_^