BLOG

ブログ

日々のこと

「はたらきかた」に悩んでいるなら、くるみ収穫に行けばいい。

  ここ3年ほど、毎年10月のはじめに東御市の農場でくるみ収穫のお手伝いをしています。 今年も行ってきました。 クルミドコーヒーの店主、影山さんのトークイベントに参加したことがキッカケではじまった年1回の行事。 ぼくはくるみの木と向き合うと、いつも過去を振り返ります。 くるみの収穫をするといつも、...

日々のこと

なぜぼくはバリューブックスで働くのか?

  これまでいろんなところで働いて、いま、バリューブックスという会社で働いています。 別に幸せアピールしたいわけではないのだけれど、気持ちよく目覚めて、今日もいい1日にするためにどうやってやるべき仕事をしようか?と前向きなスタートを切れる毎朝は、控えめに言おうとしても「幸せだな」という言葉になって...

日々のこと

「今日も心臓が動いている」と気づいたときにやりたくなったこと。

  いつもは当然のように朝目覚めて、当然のようにトイレに行って、当然のように水を飲み、当然のように一日がスタートする。 でもたまに、なぜか、「あ、今日も心臓が動いている。生きているな。」と、ベッドの上で目覚めた瞬間に感じることがある。 いつもはなにも感じないで生きているけれど、朝起きて、「心臓が動...

日々のこと

世界は本格的に女子化していくと思うので、大野も女子化していきます。

  先日美容院に行ったときに、ぼくと同世代(昭和50年代戦士)のスタイリストさんが「髪の毛にツヤを出したいっていう男子が最近多い」という話をしていました。 そういわれてみると、爪をキレイにしたり、脱毛したりする男子が増えてるみたいですねぇ~と。 その話から「毛は濃いほうが男らしい、毛が薄いと女っぽ...

日々のこと

2年前に会社を辞めて、正解だったかもしれない。

  歳を重ねるごとに、「自分は多くのことをあきらめて生きている」ということにすら気づかなくなっていくものだなと思うのですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? こんばんは。大野です。 久しぶりにブログを書いてみようと思いたちました。   2年前にぼくが会社を辞めた理由 このブログを読んで...

日々のこと

「おもてなし」ができる人とできない人の差。

  昨年から、元リッツカールトン日本支社長の高野登さんが塾長を務めている「信州おもてなし未来塾」という講座に参加しています。 2018年1月の未来塾で高野さんが紹介していた日経ビジネス1月号、タイトルは「おもてなしのウソ」。 写真は、日経ビジネスオンライン「おもてなしのウソ」より。 この言葉と、こ...

日々のこと

自分を傷つけてでも相手の期待に合わせてしまうのは、そのほうがラクだから。

  昨日、ウチの社長がいいこと言ってました。 「人は相手に貼られたレッテル通りに、信じてくれた通りに振る舞おうとするもの」 ちょっと前に、同じような話を新潟にあるフリースクール「寺子屋ありがとう」で聞いたことを思い出し、2人の話が心に沁みました。 【参考記事】【日々の記録】人を信じていないという人...

日々のこと

すべては「自分にとっての安心・安全な場所」をつくるためにやっていること。

  仕事でもプライベートでも、誰にでも共通しているなと思うこと。 誰もが「自分が安心できる安全な場所を求めている」ということ。 例えば、目の前で誰かが誰かの悪口を言っていたとして。 その誰かは多くの人への影響力がある人だとして。 その人に同調しないと仲間はずれにされる危険があるなと感じたら、不本意...