BLOG

ブログ

読書

「ストーリーとしての競争戦略」が面白いので、なぜストーリーが必要なのか考えてみた。

  私はこれから、会社の内部に向けてのブランディング活動「インナーブランディング」活動に取り組もうとしているところです。インナーブランディングとは、文字通り、会社の内部つまり従業員がブランドについて意識し、顧客と約束するブランド経験を提供をしていくためにどんなことを大切にするか、というのを広めてい...

ロボット教室

[キッズコーチング]2歳で感じたギャップが「本物」に向かう成長へとつながってゆく。

  ちょっと私の「やりたいこと」の都合により、時期が延びてしまいましたが、3年後には子育て・教育の分野で起業しているはずの大野です。(おいおい、本当にやれるのか?笑)   とにかくなんにも知らないし、肩書きもないので、学びの場を求めてJAKCが主宰するキッズコーチング2級認定講座というの...

日々のこと

「男は屁理屈、女は感情」夫婦関係は日々の積み重ねの賜物である。

  仕事で「理屈漬け」になっているせいか、家で奥さんと話すときもどうしても理屈っぽくなってしまいます。 理屈ではない部分がある、というのを頭の中では分かっているのに、特に疲れているときやストレスが溜まっているときなどはどうしても理屈で片付けたがります。本当に良くないですよね、、、   p...

日々のこと

「インナーブランディング」で仕事革命。みんなで楽しく生き生きと働ける会社を作ろう。

  「インナーブランディング」(インターナルブランディング)って知ってますか? 「ブランディング」とは、ブランドを浸透させる活動ですが、その方向として、「外側」(顧客・株主)へ向けてるものと、内側(従業員)へ向けるものがあるようです。   私がちょっと会社を辞めるのを先延ばししようと思っ...