BLOG

ブログ

日々のこと

「子ども」という言葉で相手の可能性を閉じ込める大人には絶対にならない。

昨日、2017/10/28。 ロボット教室で、余った時間に子どもたちにハンドスピナーを作ってもらった。 チェーンを使ったハンドスピナー、どうやってつくるか準備せずに、ノープランで材料だけ子どもに提供。 見事に製作! ぼくはまったく頼りにならない大人だった。 子どもを「まだ何もできない子ども」のように扱ってし...

日々のこと

【子育て】死ぬ前に自分の子どもに伝えたい5つのこと。

もし明日死んでしまうとしたら。 そんな想像をしたときに、自分の子どもに伝えたいことが出てきました。 そんなたいそうなことではないのですが、いまのぼくにとってはとても大切なことです。 1.あいさつをする おはよう。 こんにちは。 おやすみなさい。 いただきます。 ごちそうさま。 ただいま。 おかえり。 ありが...

食べる

「なぜごはんはよく噛んで食べるほうがいいのか?」を子どもに伝える方法。

  こんにちは! 信州上田の大野です。 2017年1月21日を振り返ったら、なぜ、ごはんはよく噛んで食べるほうがいい、深い理由がわかりました。 大人向けの「知識」から、子どもへ伝える方法まで、順番に書いていきますね。 1.よく噛んで食べると「オレキシン」がでてくる 以前、「【良習慣】あなたはなぜ「...

食べる

子どもの食事習慣を本気で改善したい人が知っておきたいこと。

  こんにちは! 信州上田の大野です。 いやー運動やらダイエットやら筋トレやらやっていたら、食事ってめっちゃ大事なんだな!って、ようやくわかってきました。 グルテンフリーでテニスの世界王者になったジョコビッチは、著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で「食物は情報である」と語っています。 この本読...

日々のこと

子どもに「正義と悪って誰が決めるの?」と聞かれたら、あなたはなんて答えますか?

  最近長男がワンピースにハマっていて、ぼくもそんなに嫌いではないのでよくワンピース話に花が咲きます。 そこで頻繁に息子が話題にしてくるのは、「どっちが悪くてどっちが良いヤツ」「アイツは悪いヤツ、コイツはいいヤツ」ということ。   photo credit: Nomadic Lass v...

ロボット教室

【ロボット教室】子どもの中に眠っている2つの力を引き出す方法。

  「うちの子ども、何をやっても集中力が続かない…」 「あんまり発想力がなくって心配だなぁ…」 なんて思うとき、ありませんか? 心配いりません。 子どもの中には必ず集中力と発想力は、ただ眠っているだけ、目覚めていないだけです。   8月のロボット教室で起きたこと ...

読書

【本】「子ども・チーム・仕事」すべてにおいて良い関係性を作る方法がわかったので、やってみることにした。

  あなたは、子どもや仕事仲間やチーム内で良い関係性を作る方法はすべて同じだって知ってましたか? 子育てや仕事において、大切だと思っていることや価値観は人それぞれ違うのは当たり前のことです。 でも、仕事においても普段の生活においても。何よりも大切なのは、相手との「良い関係性」だというのがこの本を読...

日々のこと

泣いている子どもを自立へ導くための3つの質問。

  時間がないときに子どもが言うことを聞いてくれなかったり、ご飯を食べなかったりしたときってイライラしませんか? ぼくはしょっちゅうイライラして怒ってしまいます。 何回言っても通じないと、イライラがどんどん大きくなり、それにつられて口調もだんだんと強くなり、気づいたら5歳の娘は泣いていた… なんて...

日々のこと

【教育】大学受験改革が起こる2020年に向けて、今から親にできること。

  もうすぐ大学受験に劇的な革命が起こります。 簡単に言うと、いままでのマークシート式のセンター試験が廃止され、答えではなく「考える過程」が大事にされる試験になるという話。 まだ全貌は明らかになっていないようですが、受け身ではなく自ら学ぶ「主体性」を重視し、自分なりの考えを論理的に説明する能力が試...