夢の中の自分を殺せ

物騒な話しですが、劇場版「鬼滅の刃」を観てそう思いました。

夢から覚めるためには、夢を見続けたい・夢の中に居続けたいと願う自分を殺せばいい、と学んだ。

昨日。

離婚してから1度も会っていなかった子どもに会いに、3年7ヶ月ぶりに自宅を訪ねることにしました。

過去の自分、夢の中の自分を殺すのは勇気がいることです。

「もしかしたら、本当に死ぬかもしれない…」

という不安が頭をよぎります。

怖かったけど、勇気をもって「夢の中の自分」→「不安ばかりを膨らませ、心地良い夢の中にい続けようとする自分」→「行動しない自分」を殺し、現実に戻った。

「会えなかった」「会わせてくれない」「会ってくれない」というのは、実は、夢の中に居続けたいと願う自分のために、自分自身がつくり出した都合のいい言葉だった。

ひと目でも、会うことができたのは、大きな一歩だった。世界が変わった。

現実を直視して、行動をすれば、事実が積み上がり、次の希望が見えてくることを知りました。

行動する勇気をくれる、劇場版「鬼滅の刃」はオススメです。

「アニメだろ?」ってバカにしてると損しますよ。

それでは、また!

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ YouTubeで人間関係や仕事の悩みが「シンプル」になる本を3つのポイントに要約して紹介しています。 その他、カレーのキッチンカーでイベント出店、コトバヤで間借りカレー、子ども向けロボット教室、ブログ、やってます^_^