YouTubeチャンネル登録者数を増やすために動画をつくる

シンプリィライフ書店

 

2020年1月11日に1本目の本要約動画を公開してから、約9ヶ月が経ったところ。

ようやくチャンネル登録者数が1000人を超えた。

チャンネル登録していないあなた。この機会にぜひ↓

 

正直言うと、嬉しかった。

けど、見直すべき点がある。

それは、

OHNO
「登録者数を増やす」という目的で動画制作に取り組んでしまっていた

ところ。

 

目的はそんなことだったんだっけ?

ここまで30本くらい作ってきて、たくさんの人に見てもらい、さまざまな人からコメントをいただき、ありがたいことに紹介した本の著者さんから「とてもわかりやすい編集だった」とメールをいただいた。

アニメーション動画のクオリティーや編集スキルにはそれなりの自信がついてきた。

やったこともないところからはじまった動画編集、台本制作、ナレーション。

それもこれも、ただYouTubeチャンネルの登録者数を増やすためにやっていたんだっけ?

たしかに言えるのは、キッカケとモチベーションはそこにあったと思う。

ここまで続けてこれたこと、スキルが上達したことは、YouTubeという土台があったからだ。

今一度、まっさらな状態で、考えてみよう。

 

これまでは何であったか、これからは何であり得るか

シニアの品格という本に書かれているこの言葉が好きだ。

いま持っているものを棚卸しして、これからのことを考えてみたい。

自分は、これから何であり得るのか。

極めたいことは何か?

もっと知りたいことは何か?

表現したいコトをイメージする前に、探求の根を、タンポポのように地中深くまで、おろして、おろして。

「ただ、やっている」

そういう状態に自分を置きたい。

 

まとめ

とはいえ、観てくれる人が多いとやる気がでるしうれしいです。

チャンネル登録していないあなたは、この機会にぜひ↓

 

諦めずに積み重ねれば、結果はあとからついてくるということはわかった。

諦めずに続けるために、自分の特徴を把握したり、環境を設定したりするのは大事なことだなというのもわかりました。

それでは、またー!

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ YouTubeで人間関係や仕事の悩みが「シンプル」になる本を3つのポイントに要約して紹介しています。 その他、カレーのキッチンカーでイベント出店、コトバヤで間借りカレー、子ども向けロボット教室、ブログ、やってます^_^