【ロボット教室】子どもの中に眠っている2つの力を引き出す方法。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
「うちの子ども、何をやっても集中力が続かない…」
「あんまり発想力がなくって心配だなぁ…」

なんて思うとき、ありませんか?

心配いりません。

子どもの中には必ず集中力と発想力は、ただ眠っているだけ、目覚めていないだけです。

 

8月のロボット教室で起きたこと

夏休み期間中だった8月にもかかわらず、ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」上田東校では、10名全員授業に参加してくれました。

そして、ひとりの子どものお母さんから、こんな嬉しいメールをいただきました。

うちの息子は、ロボット教室に行くのが毎回楽しみらしく、今朝も目覚めて開口一番に「今日はロボット教室だ!」と言ってにんまりしていました

 

こんなこと言ってもらえるなんて…
やっててよかったなぁと嬉しくなると同時に、改めて身の引き締まる思いです。

 

ロボット教室での子どもたちの様子

ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」上田東校では、4つのコースを開講中。

 

プライマリーコース

ロボット教室上田東校には、年長さんも通っています。

ロボット教室 ロボットで遊ぶ風景

 

その子はロボットは好きなのですが、自分の好きな遊びをしてからでないとロボット製作に入りません。

まだ小学校に入る前ですから、集中するのはなかなか難しい。

ですが、8月のロボット教室ではなぜか急に、「ぼくロボット作る!」と言って自ら進んで組み立て始め、集中してロボット製作に取り組んでいたんです。

子どものスイッチはいつ入るか分かりません。

待つことの大切さを学びました。

 

ベーシックコース

ベーシックコースはでんぐり返しをするロボット「クルリン」。

オリンピック盛り上がってますね!
がんばれ日本!
でんぐり返しロボット「クルリン」完成!

Free&Create – フリクリさんの投稿 2016年8月12日

 

足の部分が引っかかり、思うように動かないと悩んでいた子がいました。

ロボット教室 ロボット改造風景2

 
ですが最後まで諦めずに集中し、「こうやったら動くかも!」と発想力を働かせて、時間ギリギリまで製作に熱中。

ちゃんと動くようにして帰りました。

「なんとしても納得のいくロボットを作る!」という諦めない姿勢が、びっくりするようなの集中力と発想力を引き出すんだな…と、子どものひたむきな姿勢に学ばされた次第です。

 

他には、でんぐり返しロボットを鉄棒するロボットに改造してみたり、

ロボット教室 ロボット改造風景4 ロボット教室 クルリン改造1

 

腕を長くしたり、

ロボット教室 クルリン改造2 ロボット教室 クルリン改造3

 

なんとか面白い形に改造しよう!と頑張っている子もいました。

ロボット教室 ロボット改造風景3 ロボット教室 ロボット改造 ロボット教室 ロボット改造風景1

みんな素敵です。

 

ミドルコース

ミドルコースはさかあがりをする鉄棒ロボット「サカアガリン」。

鉄棒ロボット「サカアガリン」。
いやーよくできてる!

Free&Create – フリクリさんの投稿 2016年9月7日

 

いつも感心するのですが、ミドルコースでロボット製作している子どもたちは手際が恐ろしいほどよいです。

素早く的確にロボットを作り上げてしまいます。ぼくより速い笑。

ロボット教室 ロボット製作風景6

余った時間で、オリジナルロボットの検討をしている子もいました。

ロボット教室 ロボット製作風景5

 

アドバンスコース

アドバンスコースはサッカーするぞう「ロボエレファン」。
これ、すごいですよ。

音センサーと光センサー両方を使っています。

黒い線上では前進し、線がなくなると停止。

そしてなんと、音がすると鼻を振り上げて、シュートするのです。

サッカーするぞう「ロボエレファン」。
音センサーと光センサーを使って、黒い線の上を走り、停止し、シュートする、を自動でやってのける優れたゾウ。
いやーよくできてる!
(いつもコメント一緒…笑)

Free&Create – フリクリさんの投稿 2016年9月7日

 

勝手にドリブル&シュートをする!

アドバンスコースはレベルが高いんです。

こんなの、よく作れるなあといつも驚かされます。

ロボット教室 ロボットで遊ぶ風景2

 

子どもの中に眠っている2つの力

子どもの中に眠っている2つの力は、

集中力と発想力

です。

ロボット教室上田東校の様子

それは、「大人は口出しせずに待つ」ことと、「子どもが楽しんでいることを尊重する」ことで、勝手に引き出されます。

ロボット教室 ロボット製作風景1

子どもの持っている力が引き出されるには「間」が必要。

ですが、そういう余白がなくなるくらいに、大人はせわしなく動く。

そしていつも、答えを教えようとします。

ロボット教室 ロボット製作風景2

口を出したくなる自分をコントロールするのは結構難しいのですが…

ロボット教室 ロボット製作風景3 ロボット教室 ロボット製作風景4

 

子どもの中には眠っている力がある。
子どもの中から湧き出てくる力を邪魔しないようにしてあげたいなぁ…

と、改めて感じました。

 

毎月2回、楽しくやっております。

「ロボット教室」は全国約500教室展開中ですので、あなたの街にもきっと教室がありますよ。

 

クロールロボが作れる体験会は無料ですので、よかったら是非一度遊びに行ってみてください。


子どもの中に眠っている力に、気づけるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ