子育てスパイラルアップ法!息子の着実な成長が親のメンタルを鍛えていくのだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
今日(2013/3/12)は次男温太(ハルタ)の5歳の誕生日だった。
 
2013_ 3_12_23_57

 

もう5歳だ。
あれからもう5年も経った。
 
できないことは多くても、「あの時」のハルタと比べれば、劇的な成長を遂げている。
そうやって思い返してみれば、子どもの成長はとてつもなく速いということを実感できる。

 

この5年、自分はどうだったか?
どれくらい変わったのか?
 
多少の変化があり、多少の成長をしたかもしれない。
だけど子どもの成長から比べれば「雲泥の差」である。

 

131_3186 132_3246

 

2013_ 3_12_23_54 2013_ 3_12_23_55

 

 

「子どもは成長が速い」という言葉には、「大人になったら成長が遅いのは当たり前」という、無意識に存在するあきらめのような気持ちが垣間見える。
 
成長して、たくさんのことを知ることが、成長の速度を制限していくのか?
自分自身に言い訳をして、逃げることが、だんだんうまくなっていくのか?
 
そんな親では、子どもを大きく育てることなんてできないね。
ましてや自分の人生も大したもんにならない気がしてくる。

 

著しい成長を見せ、刺激を与える存在が目の前にいるのだ。
しかもそれは自分の子ども。

これからの自分には、何ができる?

 

今日感じた、この「焦り」を忘れないように。
逃れゆく感覚をメモ。

それでは。

 
ads:


 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ