【起業とバイト】とあるセミナー講師のメルマガに驚愕した話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは!
36歳、住宅ローンあと15年、3人の子持ち、で会社を辞めた、信州上田の大野です。

昨日投稿した「人はなぜ仕事をするのか?」について考えた記事、多くの方に読んでいただきました。
<参考記事>36歳でアルバイトしたら「人はなぜ仕事をするのか?」がわかった話。

数人の方からコメントもいただきました。
本当にありがとうございました!

中でも、

私にとって仕事とは、自己表現の場であり、社会とのつながりを持つ場であり、社会貢献の場です

「仕事」という漢字は「仕(つか)える事」。
自分の目指すもの、やりたいこと、与えられた役目などに対して「仕える事」が「仕事」なのだと私は思っています。

というコメントが印象的でした。

ぼくはまだまだその境地に立てておらず…目の前のこと一つ一つに集中して、ステップアップしていく所存です。

ありがたいコメントです。刺激をいただきました。

【スポンサードリンク】


 

とあるセミナー講師のメルマガ

で、36歳でアルバイトしたら「人はなぜ仕事をするのか?」がわかった話。をFBにアップした日。

偶然にも同じ日に、とあるセミナー講師から「起業してアルバイト!?」というタイトルのメルマガが届きました。

内容は、

起業したのにアルバイトをしている人の悩みを解決するために、「私だったら…?」と自分事で考える努力をする。

他人事で評論することは、未来を1mmも動かさないから

というようなものでした。

確かに…

相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることを、2016/8〜3ヶ月の目標にしているぼくにとっては、心に刺さるお言葉でした。





でもここで「ん?ちょっと待てよ?」と思ったわけです。

ぼくはこのセミナー講師の方と面識があり、彼と「起業」と「アルバイト」の話をしたことがあったんです。

その時のことが思い出されました。

彼はぼくに、

「起業したらアルバイトなんかしちゃダメ!ありえない!」

と言っていたんです。

それを思い出し、このメルマガで言っていることとのギャップに、驚愕しました。

 

現実を動かすのは実践者

彼がメルマガで書いていたこと。

それは、現実を動かすためには、

・欲しい月収と理由と心を「書き出す」
・やめる・やるべきことを「書き出す」
・2週間後、事実を「書き出す」

の3つをしなさい、ということでした。

これは確かに納得のアドバイス。ぼくはこれができずに頭の中だけで悩んでいたので。

でも最近、ぼくはとある人のコーチングを受けており、ここに書かれていることはすでに実践しています

そして、実際に現実が動き始めています

なので、メルマガを書いた方は確かに正しいことを言っている、というのは実践者のぼくには納得なのです。

 

「自分事で考える」の意味

ですが、彼の言葉ではぼくの心と現実は、1mmも動きませんでした。

いくら正しくても、彼の言葉はぼくにとっては「他人事」にしか聞こえないからです。

なぜ「他人事」にしか聞こえないのか?というと…

「起業したのにアルバイトはダメ!」と、ぼくの現状を他人事のように否定した「事実」があるからなんですよね。

彼の言う「自分事」とは、「自分だったらこうやるのに…」ということ。

でも、結局はぼくはぼくであり、彼ではありません。

なんかちょっとややこしい話になってしまいましたが…笑

「自分事で考える」の意味をはき違えてしまうと、相手の現実は1mmも動かない、ということがわかったということです。

 

あらためて「仕事」とは?

あらためて「仕事とは何か?」について考えさせられるメルマガでした。感謝です!

「仕事とは何か?」今のぼくの答えは、カーネギーさんの言葉をパクった「人にどれだけのことをしてあげられるか?を追求する」ことです。

つまりそれは「相手のことがどれだけわかっているか?」ということで、「自分事で考える」は、「仕事の意味」そのもの。

「自分事で考える」とは「自分だったらこうするぜ!」という一方的な話ではなく、「相手の気持ちになって考えること」だとわかりました。

 

まとめ

多くの人に読んでもらい、コメントをいただき、メルマガを読んで、仕事の意味についてまた考えさせられました。

「自分事で考える」は「人にどれだけのことをしてあげられるか?を追求する」ために欠かせません。

ですが、「自分事で考える」とは、「自分だったらこうするよ!」ではなく、「相手の気持ちになって考える」ということでした。

言うは易し、行うは難し、ですが…

「相手の気持ちになって考えること」で相手の現実が動き、仕事が生まれ、世界が回っていきます。

そこんところはき違えないように仕事と向き合っていきます。

あなたにとって、仕事とはなんですか?ご意見いただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ