【後継者問題】孫正義さんの後継者最有力候補退任から考えること。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

孫正義さんが「後継者」として認めていたアローラさんがソフトバンクを電撃退任したそうだ。
この山本一郎さんの記事が読みやすくていい。
ソフトバンク、ニケッシュ=アローラ副社長が電撃退任

 

 

孫さんは自らが後継者を探すための「ソフトバンク アカデミア」というのをやっていたが、アローラさんが来てからは事実上手仕舞いし、アローラさん一筋で行く意思を示していたようだ。

 

孫さんはもうちょっと社長でいたくて、アローラさんはもう少し早く社長になりたかったのが、今回の結果につながったんじゃないかという話が有力そうだが、そんな単純でもないんだろう。

 

 

会社経営はドラッグのようなものだ。

 

というようなアローラさんのツイートもある。

 

 

 

実現したいことが尽きないから、トップを走り続けられるのだろうし、やりたいことがなくなっても「これだけは残したい」という執着も出てくる。

 

 

残りの時間でどこまでできるか?
何を受け継いで、残してもらいたいか?
誰に手渡せばいいのか?
どうしたら続いていくのか?

 

これからどうしたいか?
受け継ぐべきものは何で、切り捨てるべきものは?
自分だったら、この力をどうやって使って社会に貢献するか?

 

人と人の様々な想いが絡み合って、現実が動いた。

 

 

日本にも他人事ではない人たちがたくさんいる。
1人で悩めば悩むほど、問題は複雑になっていく。

 

 

 

後継者問題について考えよう

 
先日三重県の「お伊勢さん」に行ってきて感じたことが、まさに「後継者問題」。
何千年も続いていく伝統行事を目の前にして、後継者や技術伝承の問題について、お伊勢さんから何かヒントが得られないかと思い、こんなセッションというか勉強会を開催することにした。

 

後継者問題はその場その人によって状況も答えもまったく違うだろう。
でも、引き継ぐ上で大切にしたいことは、その人それぞれの中に必ず眠っているハズ。

 

同じ悩みを持つ人たちが対話をして、「モヤ」を共有して、少しでも本質に近づければいいなと思い企画してみました。
 
2016-06-20_1300
https://peraichi.com/landing_pages/view/oisesan

 

よろしくお願いします。
それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ