【伊勢神宮】ずっと続いていくモノとそうでないモノの差。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
先日、三重県にある伊勢神宮に行ってきた。
伊勢神宮は「唯一の神宮」ということで、本当は「神宮」と言うそうだ。お伊勢さんとも呼ばれたりする。

 

伊勢の神宮には内宮(ないくう)と外宮(げくう)とあり、なぜかは知らんが最初に外宮からお参りした方が良いらしいので、2016/6/9に伊勢市駅から「外宮」へ。
 
IMG_20160609_140703

 

駅の前には、こんな旗もあった。
 
IMG_20160609_140802

 

なんで外宮からなのか、お参りしたらわかるかと思ったが、いまだに理由ははっきりしない。

 

 

途中、「菊一文字」の看板がある包丁屋?刀屋?が興味を引いたので入店。
 
IMG_20160609_141110

 

そこには「神話占合」という面白そうなものがあったのでやってみた。
 
IMG_20160609_141353
IMG_20160609_141344

 

 

こんなんでました。
 
IMG_20160609_141435
IMG_20160609_143642

 

神話から目の前の現実への教訓を得る占い。
自分にぴったりな教えでビックリした。

 

 

お伊勢さん、外宮到着

 
つきました。
 
IMG_20160609_142432
IMG_20160609_143029

 

「一体ここはなんなんだ?」という衝撃。
入り口からスケールの大きさを感じさせる。
 
IMG_20160609_142616
IMG_20160609_143141

 

 

入ってみた

 
IMG_20160609_142729

 

手を清め、少し口に含み、いざ入ってみる。
 
IMG_20160609_143248
IMG_20160609_143354

 

 

もっと入ってみた

 
IMG_20160609_143623
IMG_20160609_143515
IMG_20160609_144511
IMG_20160609_144521
IMG_20160609_144842
IMG_20160609_150055
IMG_20160609_152715
IMG_20160609_152402
IMG_20160609_145140
IMG_20160609_145733

 

とまあ、こんな感じだった笑。

 

 

まとめ

 
人がたくさんいたし、スーツ姿の方々の50人くらいの行列も見たし、大木だし、メインのお参りする場所は手前までしか入れないし、奥には何やらありがたそうな建物があるし、、、

 

しかも、20年に一度「式年遷宮(しきねんせんぐう)」というものがあり、建物をすべて建てかえる儀式をかれこれ1300年もやっていたり、神様にお供えするご飯を作る「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」という毎日朝夕のお祭りを、かれこれ1500年続けていたりする。

 

とにかくスケールが大きい。
未熟なぼくにはまだうまく受け止めることができなかったが、感じたことは一つ。
「人間が作ったものよりも、自然が作ったものの方が意味が深いんじゃないか?」ということ。ものの見方がわかっていないんじゃないか?という気持ちになってくる。

 

小さな視点で見ていると、正しいもの間違っているもの、良いもの悪いもの、みたいなものが無限に生まれてくる。
だけど、これくらい大きな視点で見れれば、すべてがそうなるようになっていて、すべて正しいものなんじゃないかと思えてきたりする。

 

1500年の間にたくさんの人に伝えられ、続いてきたことがあり。
人がどんどん変わっていっても、続いていくものがあり。

 

「ずっと続いている」ということのエネルギーを感じたと同時に、緩やかに確実につながっていくモノとそうでないモノの差はどこにあるのだろうか?という新しい問いが生まれた。

 

 

これは入り口の鳥居。帰り際の一枚。
わかりにくいかもしれないが、是非、最初の方の写真と見比べてほしい。
 
IMG_20160609_155057

 

今にも雨が降りそうだったのに、出るときには空は晴れ渡っていた。
FBのメッセージでお師匠より「気分によって天候が変化する場所だから、感じてみてください」と言われていたので、なんだか背筋がゾクゾクした笑。

 

事実として、「行きは曇り、帰りは晴れ」「気分によって天候が変化する場所と言われた」。
解釈は自由。でも、勘違いと捉えるか、そういうこともあるのかもしれないなと思うかは、行って体感しないと見えないこともある。

 

とにかく不思議な場所でした。

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ