ビジネスを成功させるための7つのステップ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
前回は「自分の価値」について書きました。
<参考記事>いつも不安なあなたに捧げる「自分の価値を知る方法」

 

自分に自信をなくしてしまっては何もできません、ということがわかりました。

 

そうなんですよね。
自分に対する自信が一番大切でした。
それは、無理矢理テンション上げて「オレはできるんだー!」と叫ぶという意味ではなく。ただ自然と自分に自信を持っている状態。

 

それを持っていれば、きっと何でもできます。

 

 

ここまでを整理

 
これまで書いてきたことを整理してみます。

 

1.自分が気持ち良くなることを追いかけない
<参考記事>独立するなら『歌わないこと』が鉄則!
 
2.「ノリの良さ」を持って行動する(直感を信じる)
<参考記事>独立するときに一番大切!なのに歳を重ねると失われていくモノ。
 
3.他人からの「強制力」で動くのをやめる
<参考記事>絶対に捨てるべきサラリーマン時代の習慣。
 
4.自分と約束をかわし、必ず守る
<参考記事>変わる気がないサラリーマンは読まない方がいい「自分の時間」を取り戻す方法。
 
5.自分との約束事はまずは遠くを見ないで小さなことから始める
<参考記事>大きな目標を達成するための唯一の方法。
 
6.自分というかけがえのない人間の価値を知る
<参考記事>いつも不安なあなたに捧げる「自分の価値を知る方法」

 

ということでした。
見返してみると、欠けていたことや自信を持てなかった理由がわかります。

 

それはやはり、
「自分に自信が持てていない」=「自分を信頼していない」
ということ。

 

これまで諦めてきたモノ、すり減らしてきたモノは「自分自身への信頼」です。
無意識にやってきたことは当たり前になっているので気づけません。

 

1ヶ月間、すり減らした自分を取り戻す方法を探っていたんです。

 

 

7つめに大切なこと

 
これまで6つ書いてきましたが、7つめに大切なことがあります。
ストレートに言うと、「自分は他者の力に間違いなくなれる」ということです。

 

とにかくお金とか時間とかやりたいこととか一切考えず、ただ目の前にいる人が困っていることを見つけてみましょう。

 

そして「それを解決するために、少しでも自分が力になれることはないか?」と考えを巡らせてみる。どんな些細なことでもいいんです。むしろ小さければ小さいほどいい。すぐできるから。

 

確実にありますよね。

 

つまり、あなたやぼくは「他者の力に間違いなくなれる」存在なんです。
ビジネスの基本は「相手の悩みに答えを出すこと」だと考えれば、その種はみんな持っています。

 

自分を信頼したあとは、「相手が何に困っているかを感じて、できることをやってみる」ただそれだけです。
 
IMG_20160515_183154

 

 

まとめ

 
毎日どんどん実験していきましょう!
それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ