あなたのありふれた日常のおかげで世界はなんとか回っている。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
「世界から猫が消えたなら」という本を知っているだろうか?
最近、佐藤健が主演で映画化されたアレだ。
 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

  • 作者:川村 元気
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2014-09-18

 

映画の公式サイトはこちら。
映画『世界から猫が消えたなら』公式サイト
 
maxresdefault

 

 

最近「人の目を気にしすぎて疲れてしまう…」という方に何人か遭遇した。自分もかなりな八方美人で疲れていた時期があり他人事でなかったので、どうして苦しくなってしまうのだろうかと考えを巡らせていたらこの本を思い出した。

 

 

なぜ他人の目を気にしすぎるのか?

 
世の中にはいろんな人がいる。特に女性が多いかもしれない。

 

例えば、

 

・子どもの友達が家に遊びに来ると言えば部屋の中を非日常的なレベルにまで綺麗に掃除をしなければ気が済まない人
 
・子どもがやっているバスケット部でレギュラーではない子のお母さんに異様に気を使って子どもをほめてしまう人
 
・仕事を始めると手が抜けず疲れ果てるまでとことんやってしまい家事まで手が回らなくなる人

 

など、様々。

 

そして疲れ果ててしまうようなのだ。

 

どうしてそうなってしまうのか?と話を聞いた人から感じたことと話していた事実を踏まえて考えてみた。

 

おそらく、物事をよく考えられる人であり、とても献身的で、細かいところに気づいてしまって、その上自分を犠牲にしてでも他者のために頑張ってしまう人だからなんじゃないかなとぼくは解釈した。

 

「そんなに疲れるまでがんばらなくてもいいのに…」と言いたいところだが、そんなことを言ったってそうできないから困ってるんだよなぁ…とか、ぐるぐると思考が巡る笑。

 

 

この世に無駄なものなんてない

 
で、「世界から猫が消えたなら (小学館文庫)」の話を思い出した。

 

「何かをこの世から1つ消す代わりに、命を1日延ばしてやる」
という悪魔のささやきに乗ってしまったら、この世からモノが次々と失われていった。
当然、そのモノによってつながっていた人や思い出も、一緒に消えてゆくのだ。

 

日常にありふれた何気ないモノ。
なくても生きていける、命の方が大事だと思うっているモノ。

 

「本当にそうなの?」と、読んだあなたに深い問いを投げかける本田。

 

 

あなたがいない世界から失われるモノ

 
では、あなたがこの世界から失われたらどうなるだろう?

 

あなたがこの世に生まれた時、笑顔になった家族がいた。
 
あなたの実力が認められて中学の部活のキャプテンになった時、助けられた後輩がいた。
 
あなたと友達になって救われた人だっている。
 
あなたのその明るさに癒された人もいるはずだ。
 
あなたが命をかけて産んだ子どもはこのろくでもない素晴らしき世界に命を与えられて良かったのだ。
 
あなたと出会っていなかったら今ごろどこを彷徨っていたかわからない男だっているはずなのだ。

 

 

そして、この「事実」を思い出したり想像することは、日々他人の目を気にして疲れ果ててしまう人に強い関係がある

 

別に無理する必要なんてなくて、自分を飾って見せる必要もない。
あなたがいないだけで世界はどこかがおかしくなる。
だから、そのままの素敵な自分で生きればいいんじゃないか。
 

【砂浜に落としたモノ】 新潟にいって夕方の海を見た。砂浜にはなんでかくるみの殻らしきモノが大量に落ちている。 ものすごいスピードで沈んでいく夕陽を前に、楽しそうに話しているカップルやパラシュート花火をして無邪気にはしゃいでいる女子高生、波打ち際で波とたわむれる白いスニーカーをはいた女の子や何かを探して砂をつっつく真っ黒なカラスが見える。 まるで、そこに世界のすべてがあるかのようなキレイな風景だった。 失ったと思ったモノは形を変えて戻ってくるし、砂浜に落としたモノは必ず見つかると思う。 落ち込んでないで前に進めばいいだけだ。

大野晃義さん(@hagemarua)が投稿した写真 –

 

部屋が綺麗なことに越したことはないし、人に気を使える方が相手は気持ちがいいし、仕事は頑張った分だけその先に待っている人たちが喜ぶ。

 

でも、自分をすり減らすまで、疲れ果ててどうにかなってしまうまでやる必要もないんじゃないか。
適度に、自分の信条を曲げないレベルで、疲れ果てないくらいに。

 

生きてるだけで十分すごいじゃん!って思ったのです。

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ