【1】「本物の決意」をした人間の行動。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
12557764_1739580366276451_951899671_o

 

こんにちは!

 

いやーだいぶ時間があいてしまいました。
なんせ、「人生が変わってしまう船」に乗り込んでしまったワケなので、時間の感覚がおかしくなっても仕方がないですよね!(ただのいいわけ笑)

 

 

さて前回の続きですが、僕は2015年の10月末に今の会社を辞める決心をし、自分の上司に伝えました。
「自分は2016年3月頃には会社を辞めます。なので、僕の後任を今から探してください。」
会社の規定では1ヶ月前に告白すれば辞められるようなのですが、いきなり言ったら同僚にも上司にも迷惑なので、早めに言うことにしました。

 

ここでポイントなのは、ほとんどの人に「会社を辞める」ことを告白しなかったことです。

 

ふと、「なぜ僕は、多くの人に辞めることを知ってもらわなかったのだろう?」と思いました。
以前「辞める決意」をした時は、たくさんの人に言いました。「自分はこれこれこう言う理由でここでは働けなくなりましたので辞めます!」と。
結果、辞めるのをやめました笑。

 

ここに、本物の決意をした人間とそうではない人間の差がある、ということに気づきました。

 

続きはこちらから!
セブンイレブンのコーヒー一杯分で読めます。

 

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ