36歳住宅ローン残り15年子ども3人の父親のぼくがなぜ11年勤めた会社を辞める決意をしたのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
12557764_1739580366276451_951899671_o

 

こんにちは!
信州上田の大野です。

2016年3月に約11年勤めた会社を辞める、3人の子どもの父であり、住宅ローンがあと15年くらい残っていて、いまだ「4月からどうやって食っていくか?」決まっていない、大野と申します。

改めてよろしくお願いします。

 

原点

今なぜそんな状況になっちゃってるのか?を説明します。

 

とある人からこんな話を聞きました。

 

「こうしたい、こんなことやってみたいって気持ちはあるよ。でもさ、そんなこと会社は結局オッケー出さないし。今まで何度か提案してみたけど、ダメだった。頑張ったところで、疲れるだけじゃん。」

 

また、こんなことを言う人もいました。

 

「リストラなんてオレだって本当はやりたくないよ。でもこれは会社の人間として、使命としてやっているんだ。」

 

「人はなぜそんな風に希望を失ってまで働いて生きていくのか?」
「なぜ個人としてはやりたくないことを使命と言ってしまうのか?」

 

と考えた時に、胸が苦しくて苦しくてどうしようもなくなりました。

 

その人たちには、
「そんなことない。諦めなければ、やりたいこと絶対できるハズだ!」
「やりたくないことはやりたくないと言えばいいんだ!」
と言いました。

勇気づけることがぼくの仕事だと一時期思っていたことがありましたが、なかなかうまくいかず、モヤモヤは消えませんでした。

 

と、、、そのモヤモヤの正体に気づいたんです。
「あっ、自分もそういう状態になっているんだ、、、」と。

 

「こら、あかん。わて、死んでまう。」
と直感的に思い立ち、2015年11月に会社を辞める決意をしました。





続く。

 

と、こんな感じでシリーズで書いていこうと思います。

 

今話題の「note」にもチャレンジしていこうと思います。
 

 

 

2016-03-14_0837
note ――つくる、つながる、とどける。

 

興味のある人は、イケハヤさんのこのブログが参考になると思いますので読んでみてください。
 
noteを使って「ブログ運営の教科書」を出版しました。 : まだ東京で消耗してるの?

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ