「仕事が辛い」とぼやいている30代のあなたへ:今が会社を辞めるベストタイミングです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは!
信州上田の大野です!

2016年3月に会社を辞めるワケですが、ここ数日間、時間の感覚がおかしくなるような不思議で濃密な日々を過ごしており、これからの人生が開けそうな予感に包まれています。
IMG_20160208_214336
 

いやーそれにしても!
会社を辞めると覚悟を決めてからは毎日が濃密でストレスフリーで楽しいんですよ。
 
だって、面倒な人とは話しなくて済むし、毎日何やろうかなってワクワクする妄想が浮かんでくるし、自分にとって大切なことって何だっけ?とか大切な人って何だっけ?って自然と考え始めるので、身の回りがどんどんシンプルになって、身軽になって、気持ち良い感覚です。
 
とにかく覚悟を決めてからは良いことしかないんです。
やりたいことがあって、やりたくないことで自分が消えていくのがイヤだという人は、グチグチ言ってないで何か小さくても行動し始めたらいいんじゃないかと思います。
 
不安はあるけど、得るものが大きすぎてヤバいですよ笑。
ぼくが得たものを書きますね。

 

1.「温かい人」が増える

 
これ、素晴らしい体験ですよ。
まず、会社的な考え方でぼくを「利用しよう」としてた人達は、まったくぼくに声を掛けてこなくなります。
 
よくよく思い返してみると、そういう人のほとんどは、ぼく的には「面倒な人」という位置づけだったので、面倒な人と関わらなくて済むというストレスフリーな状態が自然と生まれてしまうんです。最高!
 
逆に、辞めることを知って話しかけてくれる人たちもいて、「辞めちゃうの?」とか「辞めるなよー」と言ってくれたり、話をしてみると「いや実はぼくもそう思ってて、、、」となり、その人たちとは、お互いの現状や考えを語り合うことができてより一層関係が深くなるばかりなんです。
 
なので、より一層温かい人たちの温かみが増すというか、なんかちょっとした話でも感動しちゃったりするんですよね。

「利用する・される」の関係を結んでいる状態では、悲しみしか生まれません。
逆に温かい人は、より一層「温かい人」になります。
 
関係性は、自分のモノの見方や状態から生まれて育つんだとわかりました。

 

2.心が解放され「本当の自分」を知る

 
徐々に「本当の自分」が解き放たれていく感覚があります。
今までは「こうしなければならない」「こうやるべき」「常識的に」みたいなものがフタになって、自分が隠されていたのですが、好きなことや嫌いなことを直感的に捉えて動けるようになってきました。
 
それって、他の人にはなかなか理解できないと思うのですが、世間の目も気にならなくなってくるというか、、、自分の感覚の方が大事になってきています。
 
そしてそれをもとに行動しはじめるんです。
「これは好き、やってみたい。」
「これはなんかイヤだ、やめておこう。」

と。
 
そうすると、「ああ、そうか!」「これが好きだったんだー!」と次から次へとつながっていき、心が潤う瞬間や喜びが湧きあがる瞬間がたくさんでてきます。

これ、真面目な話、体にめちゃくちゃいいんですよ!
最近全然風邪ひかないし。逆に、なんかイヤな場所にいると体が重くなったりするんです。
 
心の状態が体に現れたりするんだなーと知りました。

ブルース・リーが「考えるな、感じろ」と言っていた意味がわかってきました。
覚悟をすると、純粋な意欲のまま行動してしまうところが素敵です。

 

3.出会いが変わる

 
温かい人の存在を知り、自分を解き放つと、素敵な出会いが増えます。
素敵な人に出会うと、目の前の出来事にポジティブな意味付けをするのがクセになるので、すべてが奇跡のように動き始めます。

何か大きなものを手放すとき、不安は必ずありますが、空いた部分に必ず何かが舞い込んできます。
古くなって干からびた「大切なモノ」の代わりに、素晴らしい出会いとか気づきとか心の潤いとかが舞い込んでくるんですよ。
これは本当に驚きの体験です。

そうしたら、人生変わってきます。
覚悟をするというのはこういうことなんだと気づきました。

 

まとめ

私たちの生き方には二通りしかない。
奇跡など全く起こらないかのように生きるか、 すべてが奇跡であるかのように生きるかである。

-アルベルト・アインシュタイン-

 

「失敗してもいいんだ!」って思って踏み切りましたが、今は「失敗するなんてこと絶対ないわー」「むしろ失敗ってなに?」みたいな感じになってきました。時間が濃縮されて、1日が1週間くらいに感じることがあります。

 

今の現状に何か違和感を覚えるなら、「覚悟」をしてみる。
そうだ!と思ったタイミングがベストタイミングだと思うので、40歳過ぎて意欲が老化する前に環境を変えてみようと、小さな行動をしてみるのが絶対にイイ。たとえばリクナビNEXTとか、Switch.とかに登録してみるとか。

 

違和感をキッカケに、環境を変えようとする小さな一歩が、「すべてが奇跡であるかのように」生きる世界の入口です。
やりまっせー!

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ