【詩】さかいめがなくなっていく感覚。

LINEで送る
Pocket

 

 

 

 

さかいめが、なくなっていく。
はっきりと存在していた線が、ふにゃふにゃに、あやふやになっていく。

 

とても危うくて、
ドキドキするような不安と、

 

絶対に出れない結界から脱出するような、
ワクワクするような希望が、

 

入りまじった感覚。

 

心が温まって、優しくなる。
大好きなものがなんだったのか、
もう少しで思い出せそうな、
そんな予感。

 

少しばかりの罪悪感は、ぼくを現実の世界に留めてくれる、錨。

 

12979499104_4816311ded
photo credit: CZM_Anchor_JK via photopin (license)

 

 

影響を受けた詩集。
 

シャガールと木の葉

シャガールと木の葉

  • 作者:谷川 俊太郎
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2005-04

 

すみれの花の砂糖づけ―江國香織詩集

すみれの花の砂糖づけ―江國香織詩集

  • 作者:江國 香織
  • 出版社:理論社
  • 発売日: 1999-11

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 現在、長野県東御市というところに住んでいます。 東御市は青空がキレイなところで、とてもいいところです。 毎朝欠かさずにバターコーヒーを飲んでいます。 みなさんにも飲んでもらいたくて、毎週水曜日、上田市にあるNABOで淹れております。よかったらどうぞ^ ^