【詩】忘れたくないあの味。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

ぼくの知り合いが詩を書き始めたようで、紹介したくなったので紹介してみます。

 

 

うなぎ

 
鼓動が早まる あの香り
優しい気持ちになる あのふんわりした曲線
どこかから聴こえてくる 怖れの音
はじめて触れた気がする 温かな感触
口の中に広がる 幸せな味
 
やわらかくささる 忘れたくない痛み

 

 

あー、、、うなぎが食べたくなった笑。
あ、上田でうなぎ食べるなら、浜名ですよ。
<参考記事>【上田に集まるシリーズ】上田でうなぎを食べたいなら、つべこべいわずに伝説の「浜名」にいけ。

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ