上田女短付属幼稚園の運動会開始を遅らせた園長先生の判断にシビれた件。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
うちの一番下の娘が上田女短付属幼稚園に通っていて、2015/10/11が運動会だったんです。
朝起きると、あいにくの雨。小雨とは言えない程度に、それなりに降っていました。

 

運動会は雨天決行で、外でできなければ体育館で開催となっていたので、今日は体育館だな〜と思っていました。すると幼稚園から連絡があり、「どうしても外で開催したい。雨がやむことを願って1時間スタートを遅延させてください。」と。

 

いやー当日の予定が少しくるってしまう人もいるだろうし、こんなに降ってたらグラウンドだって雨でぐちゃぐちゃで使えないでしょ?って思ったワケですよ、ぼくは。もう体育館、体育館!って感じでした。

 

ところが、、、
IMG_20151011_101158

 

なんと雨はやんだのです。奇跡は起こる。

 

 

判断を先延ばしにする力

 
「判断を先延ばしにする」という行為は、周囲の人たちの目先の利益や感情に左右されるような生き方、つまり世間の目を気にしながら生きているような人なら、耐えられません。ぼくなら、言い訳ができて誰にも後ろ指を指されなさそーな判断をすぐにでもしちゃうと思います。

 

だけど園長先生は、「運動会を外で開催したい!」という「よくよく考えればそれがベストだよね〜」というみんなの心の奥にある想いに耳を傾け、自分の声に耳を傾けて、今の環境でやりたいことを実現できる可能性が高まる選択をしたのです。

 

準備するひとたちも、直前まで決まらないからあたふたしたでしょうし、関係者への連絡も大変です。

 

目先のみんなの気持ちにとらわれていたら、「周囲にそんなに大変な思いをさせてまでのこの判断か?」と自分を疑いたくもなるかもしれません。でも、やったんです。なかなかできることではありません。

 

おかげで素晴らしい運動会に。
IMG_20151011_103300

 

上田女短の学生さんのお手伝い、毎年毎年手際が美しすぎる!
IMG_20151011_103445
 
彼女たちがいなければこの素晴らしい思い出に残る運動会は成り立ちません。感謝!

 

かけっこでダンスで、我が子の成長した姿を見れてジンジンしました。本当に感謝。
IMG_20151011_122157
IMG_20151011_094434

 

その日の上田城跡で見た夕焼け。
IMG_20151011_171956

 

 

まとめ

 
どこまで先を見据えて、今目の前にある中から何を選択するのか?
今すぐは理解されなくても、いつか分かってくれると信じることができるか?
いつまでも分かってもらえないかもしれないけど、自分を信じて決断することができるか?

 

自分が実現したい一番心地良い未来を掴むために、目の前にある些細で重要な選択を積み重ねることの大切さを園長先生から学びました。子どもたちとそんな心を共有しながら一緒に成長していけたらいいなぁ。

 

<関連記事>【子育て】長野県上田市にある上田女短付属幼稚園は子どもの「生きる力」を育ててくれる場所である。

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ