【歌】「カラオケバトル in 信州」に出場決定!本選で98点出して決勝大会に進むために必要なこと。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
知らない電話番号で電話が鳴り、出てみるとなんと「カラオケバトル in 信州」を企画した、ダイマルからの電話でした。

 

会社の友達が出場決定の電話がきたと聞いていて、「自分にはこない、、、」とめちゃくちゃ落ち込んでいた9/4の夕方。ドキドキしながら話を聞いていたら、「予選通過です」と!なんですと!
 
こんなにうれしかったのは、大学の合格通知が届いたとき依頼じゃないかというくらいはしゃいでしまいました。やってみるもんだなと。誘ってくれた仲間に感謝です!いつもいつもありがとうございます!

 

で、これが届いたんです。
 
IMG_20150914_063043

 

 

なんと!応募総数約500通の中から60名?選ばれたようです。すげー!やったー!
2015-09-15_0513

 

んー、、、だからこそもうNHKのど自慢上田大会の時のような恥ずかしい思いはしたくありません。
(あのときは緊張して緊張してダメダメでした、、、)
これはマジでがんばりたい。後悔しないように、、、

 

 

なぜ点数があがらないのか?

 
ということで練習をはじめたんですが、なかなか点が上がりません。
しかも、予選は2番までで競うとのこと。試しに2番までで採点してみると点が下がる下がる。
応募のときは97.374点だったのですが、現在は95~96点をさまよっています。
<参考記事>【歌】カラオケバトル in 信州に97.374点で応募したあとにわかった、「本当に好きなもの」の確認方法。

 

加点のこぶし・しゃくり・フォールなどが少なくなるからなのか?
音程の正確率が下がっている?ビブラートが下手になっている?
まったくわかりません。どんどん混乱と焦りが広がっていくんです。
IMG_20150910_211507

 

求む!指導者!
ホント挫折しそう、、、マジで誰かよろしくお願いします。笑

 

 

ヒントはプロ並みの音楽家たちの演奏にあり

 
とまあ、弱音を吐いていても現状が良くなるわけでもありません。

 

思い悩んで、というわけではないのですがHanaLab.で知り合った音楽家の方がサントミューゼでコンサートをするというので娘を連れて行ってみました。いやー素晴らしい演奏でしたよ。素人が聴いても、音程がピタッと合っていて、心地よすぎて眠くなりました。
(ちなみにうちの娘は途中で爆睡しました笑)
 
素人的に、本当にむちゃくちゃ難しい演奏なのに、ひとつずつ丁寧に正確な音を出していることに感動しました。日々出す音にこだわって練習している情景が目に浮かびます。
IMG_20150913_133715

 

でも、素人のぼくが聴いていても、「いまちょっと失敗したかなー?」という時が本当にたまーにあるんです。(素人なのに生意気いってすみません。)でもまったく外さず、安定感抜群の人もいる。
 
この違いはなんなのか?(素人なりに)よく見ていると、感情を込めて情熱的に演奏している人がたまに失敗していて、自分の感情を手放しているかのように見えるほど冷静に演奏している人は安定感があるんです。
 
みなさん、自分の演奏を突きつめて突きつめて、この舞台に上がっているわけですから、才能と努力はみんなそれほど変わらないのではないかと勝手に思っていて、そこに差がでるのは、演奏しているときの状態なのではないかと。

 

 

次に試すべきこと

 
プロ並みの演奏から学んだことを、精密採点に活かすポイントはおそらく2点あって、
1.音を適当に出さず、採点する機械が心地良く感じる正確な音を集中して出すこと
2.なるべく感情を込めず、力まずに歌うこと

です。

 

カラオケというものは、いままでは「自分が気持ちよくなるため」にあったのだというのがよくわかりました。だけど勝ちたければ、点数を上げたければ、それなりの戦略が必要ですし、目的のために自分を抑える努力も必要です。

 

この精密採点に限らず、いつもぼくは自分のことばかり考えていて、「自分を手放す」ことがなかなかできません。
カラオケで自分が気持ち良くなることを抑えるのは、ぼくにとっては苦行です笑。
これをどう乗り越えるかで、これから先の人生が変わるような気もしてきました。(大げさ?笑)

 

 

まとめ

 
勝手な予想ですが、おそらく98点を出せれば上位5名に入って決勝大会へ駒を進められるだろうと思っています。

 

・自分が気持ち良くなることばかりを考えるのではなく、自分を手放して相手に合わせる。
・余計な力を抜いて自然体を心がける。
・焦らず、ひとつひとつ丁寧に。

なんか、生き方にも通じる部分がありますね。

 

ひとつひとつ、課題をクリアしながら、諦めずに前に進みたいと思います。(大げさ?笑)

 

<関連記事>
【歌】精密採点DX「97点の壁」。カラオケバトルin信州に参加しようと思います。
【歌】ぼくが精密採点DX「97点の壁」を突破できた、そのコツについて。
【歌】カラオケバトル in 信州に97.374点で応募したあとにわかった、「本当に好きなもの」の確認方法。

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ