【子育て】子どもの自転車の練習なら、ストライダーが最高な件。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
最近流行ってますよね。ストライダー。
 

 

顔出しNGよ!笑
IMG_20150524_140449

 

うちの子どもたち、自慢じゃないけど自転車に乗れるようになるのが結構早かったんです。
長男は年長さん、次男は運動神経あんまり良くなさそうな気がしていたのになんと年中さんで!乗れるようになりました。

 

練習のときに共通していたのが、「足を地面に付けて、地面を蹴って前に進む」を繰り返しながら、バランスを取る練習をしていたこと。
ちゃんとした自転車ではなく、小さなおもちゃの自転車で練習していたら、なんか乗れるようになっていたのです。

 

一番したの娘も絶対早く乗れるようになるだろうと考え、何かいいおもちゃ自転車はないだろうかと探していた所、イオン上田内のビレッジバンガードでストライダーを発見!

 

これ、小さい頃から自転車練習をさせたいのであれば理想的なおもちゃですよ。
まあまあ高いけど。

 

そもそもペダルがないので、完全にバランス感覚を養うためのもの。
邪道だと言われるかもしれないけど、自転車乗れるようになるためにはバランスがすべてですよ。ストライダーはバランス感覚を遊び感覚で養える優れもの。

 

娘も最初は嫌がっていたのですが、今ではちょっとそこまで行く時も乗って遊んでいます。たまに両足を浮かして乗ってて、バランスの取り方が急激に上達しています。いやー遊びが一番の学びなんだな。楽しいのが一番。

 

この調子だと娘も小学校前に親が苦労せずに勝手に自転車乗れるようになっていることでしょう。

 

早めに自転車に乗れるようになって欲しいと思っている、子どもの自転車の練習方法で悩んでいるお父さんお母さんは検討する価値アリです。特に幼稚園・保育園のお子さんに最適かと。

 

それでは!

 

スポンサードリンク




 

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ