出世を目論んでいるサラリーマンへ。「エラくなったら変えられる」という幻想を捨てよ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket





 

IMG_20150322_152349

 

 

どーも!いまはまだしがないサラリーマンのオーノです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?楽しんで生きていますか?
わたしは毎日楽しいです。

 

さてタイトルの通り、出世をもくろんでいるサラリーマンの方々へちょっとした挑戦状です。
「変えるためにはエラくならなきゃいかん」「より良くするためには権力が必要」という言葉。わたしのまわりにも結構いるし、昔からドラマなんかでもよく聞くような言葉です。

 

これは「幻想である」とバッサリと切り捨てさせていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク




 

 

エラくなったらできること

 
たしかに、エラくなったり権力を持ったりすると、できることや動かせるものは大きくなります。会社のリソース(資源)をどう使うか?どこに使うか?を決められる範囲が広がります。

 

ある意味、「エラくなったら変えられる」は間違っていません。正確に言えば、エラくなったら変えられることがある」というところでしょうか?

 

それだけでは「変えられないこともある」のです。絶対に。

 

 

大切なのは本当にやりたいことを確認すること

 
エラくなっただけで「変えられるもの」とそれだけでは「変えられないもの」を知って、そこに「自分が本当にやりたいことは何か」を掛け合わせることがホントにホントに重要なことなのではないかと最近思うのです。

 

例えばこんな人いませんか?

 


うまくいかない、うまくできない、つまり自分の思い通りにできないことを「権力がない」ことが原因であると短絡的に考えて、とにかくエラくなろうとしている人。なんか足りない気がしませんか?
あなたがやりたいことはきっと、「自分の思い通りにしたい・コントロールしたい」ということと、「自分には権力がある」ということを人に見せたいというところではないかと思います。
 
だからその人が本当にやりたいことっていうのは「自己満足」です。とても小さな世界しか生まれない気がします。
で、その小さな世界の中で、いったい誰がんばりたい!と思うでしょうか?

 


また、「自分にはこんな壮大な夢がある。だからエラくなって会社を動かして夢を実現させるんだ!」という人もいるかもしれません。これはもしかしたら素晴らしいことに発展する可能性があります。
 
では、その夢にその組織の誰一人共感しなければ、誰もワクワクしなければどうでしょうか?そうなったときに、あなたのやりたかったことはできるでしょうか?あなた自身の力で具体的に何ができるでしょう?

 

 

「エラくなりたい!」と思っている人が自分を掘り下げていったときに、

 

①に心当たりがある人は、外に出て自分の組織を作って、自分の思い通りにやればいいんじゃないかと思います。逆にその能力がない人にエラくなって欲しくないなぁなんて思ったりします。自己満足を追求する、めちゃくちゃ能力が高い人なら納得です。

 

②に心当たりがある人は、夢があって素晴らしいと思う反面、権力を手に入れてもうまくいかなかったときに、「あれのせいだ!これのせいだ!」と言い訳をして思考停止に陥ってしまわないか?が重要だと思います。
本当にやりたいことのために必要なものを見極め、そのためには何の役にも立たないプライドを捨て、自分自身がどんなことをしてでもやり抜いて見せる!という覚悟を見せられる人なら納得です。

 

 

まとめ

 
未熟なわたしが考えたすえに思うのは、何か大きなことを成し遂げたいと思うならば、エラくなる以前に「人が心からついてくるか?」ということが一番重要なんじゃないか?ということです。

 

その大きなことを成し遂げるときに、実際に動くのは誰なのか?と考えると、「人」ですよね。細かい部分をつめ、スケジュールを作り、その通りに具現化していくのは、エラい人ではなく実際に手を動かす人たちです。

 

だから、エラくなったってその人の気持ちや想いについていく人がいなければ何もできませんし、指令だの命令だの言われて力を100%以上発揮できる人間などいるハズがありません。動いてもらう相手が感情のないロボットなら別ですけど。

 

「ここに残るしか道はない、、、だからここでエラくなろう!」
なーんて発想の人に魅力は感じませんよね。

 

エラくなって変えられることもあるけれど、その人が本気でやりたいことにどれだけの人が共感できるか?によって、変えられる範囲は決まってくると思いました。

 

あなたの「人生の文字盤」が見つかることを願っています。
それでは!

 




 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ