信州上田市で一番最初に開講した「フリクリロボット教室」ってどんなとこ?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
わたしが始めようとしているフリクリのロボット教室について紹介します。実は上田市にはロボット教室と呼ばれるものは存在していませんでした。
 
2015-01-21_2206

 

なので、狙ったわけではありませんがフリクリのロボット教室が上田市初となります笑!

 

場所は?

自分の教室を持っていないので、教室は長野県上田市常田にあるコワーキングスペースHanaLab.(ハナラボ)を借りてスタートします。
 
CoworkingSpace HanaLab.

 

 

どんなことやるの?

 
ヒューマンアカデミーというところのフランチャイズです。
ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室

robot_logo2

 

ロボット教室の監修をしているのは、週刊ディアゴスティーニのロビを開発した高橋智隆さん。
 
週刊 ロビ 第3版|高橋智隆氏デザインのロボットを組立るマガジン

 

 

スポンサードリンク




 

 

高橋智隆さんが毎月新しいロボットを決められた種類と数のパーツを組み合わせて作ります。
で、それをテキストに落とし込んがだものが教材になります。

 

基本的にはそのテキストを読みながら、
IMG_20141025_103827

 

自分で整理して管理するパーツの中から組み立てに必要なパーツを見つけ、
IMG_20150116_214851

 

ギアやモータを組み合わせて、エネルギーの伝わり方とロボットが動く仕組みを感覚的に理解しながら、
IMG_20150116_215206

 

自分の力で一体の動くロボットを作り上げていきます。
IMG_20141025_102115

 

ロボット教室のCM。

 

 

フリクリのロボット教室の特徴は?

 

すべての起点は「好奇心」

動くロボットを自分で作る!と聞いただけで多くの子どもはワクワクするハズ。
起点は好奇心です。子どもが自ら「やりたい!」と言って始まるケースがほとんど。

 

あとは、ロボット製作に触れた子どもが興味を示すか?興奮するか?お父さんお母さんがどれだけその気持ちを尊重してあげるか?
いろんな条件が重なって初めて、子どもたちが「主体的な選択と、自発的な行動」を経験できるかが決まります。

 

 

ロボット教室で養われる力

 
改めてロボット教室の利点を考えてみました。
よくよく考えてみると素晴らしい経験になるなーと感心してしまいます。

 

1.整理力

部品は細かく多いので、自分でしっかり管理するようになります
 
IMG_20150116_214851

 

2.時間管理力

一回の授業は90分なので、時間を意識しながら作業を進めるようになります
 
2015-01-16_2204

 

3.集中力

基本的にはテキストを読みながら自分の力で組み立てます
 
IMG_20141025_103827

 

授業を通じて、「整理力」「時間管理力」「集中力」という3つの力が自然と養われていきます。

 

 

4.想像力

さらに、先ほど説明しましたが監修している高橋智隆さんが、毎月新しいロボットを作ってくれます。
 
2014-10-23_1941
 
授業で作るのは高橋さんの想像力によって生まれたロボット。彼の想像を辿りながら、「なるほど、こうなってるからこうやって動くんだ!」とアハ体験をしながらロボットを作ります。

 

つまり、ロボット業界の第一線でやっている人の想像力に刺激を受けながら、子どもたちの「想像力」が養われていくのです。

 

 

5.自ら考える力

また、間違いをその場で正すことはせず、動かすことで自ら間違いに気づくまでできる限り見守ります。
 
2014-10-23_2028

 

失敗から学び、「自ら考える力」もついてきます。

 

 

6.達成感

さらにさらに、ロボットを組み立てて実際に動いた!というところまでいくと「達成感」が味わえ、成功体験からまたやろうという意欲が生まれてきます。
 
IMG_20141025_102115

 

改めて考えてみると、いろんな良いことがあるということに気づかされました。(今さらかよ!笑)

 

 

フリクリのロボット教室最大の特徴

 
わたしは自分の子どもが将来強く幸せに生きて欲しいと願っています。というか、そう願わない親はほとんどいないんじゃないかと思います。

 

でも、自分の子どものことだけ考えてるんじゃ世界が狭いなーとも感じました。親としてできる事を考えて実行すると同時に、大人として子どもたちにできることはないか、と。未来の世界を作っていくのは、自分の子どもだけじゃないですからね。

 

で、「好きなこと」が「得意なこと」になり、それが将来「人のためになること」と重なっていけば最高なのですが、たとえ子どもが途中で飽きて辞めてしまったとしても、主体的に自発的に「好きなこと」「得意なこと」を見つける旅を少しでも経験できることは、とても良いことなんじゃないかと思うワケです。
 
2014-12-12_0603

 

 

そう考えていくと、わたしにとってはロボット教室を開講することそれ自体が一番の目的なのではなく、「主体的に選択し自発的に行動することで、自らの好きなこと、得意なことを見つける」ためのキッカケを作りたいのだ、という結論に至りました。

 

だから、わたしが運営するフリクリでは、

「主体的な選択と自発的な行動を通じて、子どもの好きなこと得意なことを一緒に見つけていく」

ということを特徴にしていこうと考えています。

 

そのキッカケとして、フリクリと子どもたちの接点として、ロボット教室はとても重要な役割を持っています。

 

お父さんお母さんと一緒に、その子にとって一番大切なもの、必要なものはなんなのか?を考えながら、向き合いながら進めていきたいと思っています。

 

 

まだまだ駆け出しですが、全力で子どもたちと向き合っていこう!と心に決めました。

 

そんなフリクリのロボット教室に興味のある方は、

 

ロボット教室 上田東教室 教室詳細 | ヒューマンアカデミーキッズサイエンス ロボット教室
ロボット教室上田東教室

 
お問い合わせフォーム
facebookページ:Free&Create-フリクリ

 

からご連絡ください。日程調整の上、体験会開催します!

 

ウェブページはこちら↓
 
freeecrehome

 

今後とも、よろしくお願い致します!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ