【プライベート】年の瀬に確認しておくべきわたしの奥さんのスゴさ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
IMG_20141123_063140

 

年越し前に、ウチの奥さんのスゴイところを紹介します。

 

わたしが大学生のころに知り合って、4年生になるかならないかのときから付き合い始めました。
奥さんはその頃働いていてそれなりにお金もあって、色々とお世話になってしまいました。
わたしが在学中に2人でエジプト旅行に行ったのですが、旅費はすべて立て替えてくれました。笑
感謝感謝。

 

4年生の終わり頃に東京で就職が決まったとき、ウチの奥さんは「わたしもついてく」と言ってくれました。そこから2人の生活が始まったんです。

 

就職したてでお金もなく、安いボロアパートで切りつめた生活をしながら楽しく暮らしました。毎月の目標は映画館に映画を観に行くこと。なんというツツマシヤカな目標でしょうか!笑

 

1年くらい生活した頃、埼玉にある社宅が空いたということで家賃も安いし引っ越しました。
ここがまーボロボロもいいところで、隣りのトイレの音は聞こえるし、しかも会社の人たちばっかりで気は使うわで。

 

でもそこで、待望のはじめての子どもを授かるワケです。
それまでなかなか子どもができなかったわたしたちでしたので、奇跡が起きた!と感動したのを覚えています。

 

 

スゴイのは、実家は長野県なので当然お産で帰ると思いきや、慣れない土地で知り合いもほとんどいない埼玉県で出産すると決意表明したことです。

 

会社は東京だし、すぐ帰れる距離でもなかったので不安でした。
なんでそんなこと決意したのか?信じられませんでしたが、「あなたがいる場所で産む」と言ってくれたんです。

 

信じられますか?なんて強い人なんだろうと思った、そのときの記憶がよみがえりました。

 

とても大切なことを忘れていた気がします。
年末に友人と酒を飲みながら昔話をして盛り上がっている、とふとそんなことを思い出したりするものです。

 

その時の感動をもう一度胸にしまって、年越しを迎えようと思います。
極めて私的な話ですみませんでした。

 

それでは。

 

スポンサードリンク




 

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ