見ないと損!JIMTOF(ジムトフ)2014見どころは切削と3Dプリンタの「出会い」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
仕事柄、工作機械の世界3大見本市と言われているJIMTOF(ジムトフ)に調査を兼ねて見学に行ってきました。今年のジムトフはめちゃくちゃ人がいて活気がありましたね。

 

おそらく見学者の視点は総じて「生産性向上のための新技術」になるのではないかと。で、それを一番目立つ形で「魅せて」いたのがヤマザキマザックの「金属3Dプリンタと融合したハイブリッド複合加工機“INTEGREX i AM シリーズ”」だとわたしは思いました。

 

目新しいものはあんまりないんだろうなと思っていたんですが、友人が観に行こうというので付いていったら衝撃でした。

 

2014-11-01_0715
金属3D プリンタと融合したハイブリッド複合加工機“INTEGREX i AM シリーズ”誕生

 

スポンサードリンク




 

 

以下は関連記事。
 
3Dプリンタニュース:ヤマザキマザック、金属3Dプリンタに参入――積層と切削を統合した加工機を発表 – MONOist(モノイスト)

 
ヤマザキマザック、3Dプリンタ市場に参入 – 株式会社日本物流新聞社

 

 

実演動画を見たところ、、、
刃物の代わりに金属粉を溶かしながら射出・積層していくツールが現れ、強い光を放ちながら材料の上に部分的に山を作っていきます。山ができあがったところで今度は刃物(エンドミル)が現れて、その部分を必要な形状に切削していくのです。

 

素晴らしいですよね。これまでのやり方だと、大きな材料から余分なところを削り取っていくしかありませんでしたが、これだと材料費は馬鹿にならないし、ムダが多かった。
ですが、この機械のように部分的に盛り上げて削り取れば、ムダは極小です。

 

固定観念を吹き飛ばす技術が、既存の技術の組み合わせによる価値の融合で生まれたということです。切削も3Dプリンタもヤマザキマザック展示ブースのその機械の前は、ひと際大きな人だかりができてました。それだけ見学者の興味関心をひいたということ。

 

いくらアイデアがあっても、具現化しなければアイデアはなかったも同然です。本気でやったところに価値が生まれるんだというのを見せつけられた気がしました。

 

それに、自分が持っているものと、誰かが持っているものが出会ったことで新しい価値が生まれたワケです。これはただ単に「融合させた」というだけではありません。

 

人と人との出会いと同じで、学びや気づきを大切にした言葉や理屈だけではうまく言い表せない「出会い」があったのだと思います。

 

 

出会いは学びそのもの

一緒に会場を回っていた友人が「営業をやっていて良かったこと」についてこんなこと言ってました。

 

営業は、商品を買ってもらってそのおかげで給料がもらえてその上お客さんとの付き合いの中で育てられ成長することができる、素晴らしい職種

 

 

また、「おかげさまで生きる」という本で有名になった矢作さんがこんなことを言っていました。

 

 

 

何も恋愛や結婚に限りません。人生で一番大切なのは「出会い」です。
あの時、あの人に出会わなかったら、今の自分はないというようなことがありますが、出会いはまさしく「ご縁」であり、それは人智を超えています。出会いは、人智を超える世界で動いているわけです。

 

 

出会いは学びや気づきそのもので、人は出会いによって成長していくんだなあと、友人の話と矢作さんの話、それにヤマザキマザックが実現させた既存価値の融合を目の当たりにして、出会いの大切さについて考えさせられる学び多きジムトフでした。

 

あなたの人生の文字盤が見つかることを願っています。
それでは!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ