ナルトの連載が終了!マンガ・アニメ、継続するものとしないものの違いとは?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
medium_13678491934
photo credit: Nelson Lourenço via photopin cc

 

もうすぐ週刊少年ジャンプで連載されていた忍者モノのマンガ「ナルト」が連載終了とのこと。んー残念。
 

 

マンガ・アニメには、ずーっと続いているものとどんなに面白くても途中で終わってしまうものがあります。その違いはなんなんでしょうかね?

 

ちょっと考えてみたのですが、結論はズバリ「キャラクターが成長するか?しないか?」でしょう。

 

スポンサードリンク




 

 

続いているマンガ・アニメ

永遠に続くんじゃないか、、、と思わせるようなマンガ・アニメがありますよね。作者が亡くなってもまだ続いているものばかり。ドラえもん、クレヨンしんちゃん、サザエさん、ちびまる子ちゃん(これは作者亡くなってません)あとアンパンマンとか。

 

アレって、その1話の物語の中で瞬間的に成長することはあるかもしれませんが、持続的な成長はありません。住んでいる町も、年齢すらも変わらないんだから。アンパンマンはまあ日常の風景ではないし、人間的ではないので年齢なんてないでしょうけど笑。

 

 

続かないマンガ・アニメ

では、めっちゃ面白いのに続かないマンガ・アニメはどうでしょうか?

 

ナルトとか、ドラゴンボール、あとなんだ。いっぱいあるはずなのに思い出せない。うしおとトラとか笑?懐かしいな。でも大抵、その物語の中で持続的に成長していくようなものは、必ず途中で終わります。

 

 

人間と一緒

そうなんです。人間の命と一緒です。
持続的に成長することはできるけど、それは死ぬまで。必ず終わりがある。

 

そうやって考えると、終わりがあるから成長していけるんだし、終わりがなければ成長しないんだろうなーなんて思います。

 

これは、作者の心の中にあるものに大きく関係している気がします。
普通、物語の中で成長しないキャラクターを描きますかね?もし自分がマンガ家なら、その世界の中で生き生きと成長していく主人公を描きたいと思うハズです。

 

終わりがあるのが分かっているからこそ、ダイナミックな変化を描けるし、瞬間的に心に響くストーリーが描けるのかもしれません。

 

終わらないマンガ・アニメは大きく変化しません。日常を描いているのなら、日常から逸脱しません。だけど、「なんかいいよなー」「安心するわー」見たいなものが、名作としてずーっと残ってゆくのです。

 

 

サザエさんが終わる日

おそらく、波平のてっぺんに生えてる1本の髪の毛がもし抜けるようなことがあれば、サザエさんは終了でしょう笑。

 

ずーっと続いているマンガ・アニメも、その思想を理解せずに1回でも変化を求めてしまえば崩れてしまうような、とても危ういバランスで立っているのではないかと思います。

 

 

あなたの人生の文字盤が見つかることを願っています。
それでは!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ