大切なのは、考えたあとの日々の行動。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
写真-10
 

やあやあ、明けましておめでとうございます!

 

なんやかんやで2014年が始まってしまいました。
 
今まで通りの私なら、何もせずに終わってしまった連休に後悔し、焦燥感だらけの仕事始めを迎える気がしていたけど今回はそうでもありません。今までは、できない理由を自分以外の何かのせいにすることで言い訳をして実は安心していた自分に気づいたからかもしれません。
 
できないのはすべて自分のせい、なんて強い人間にはまだまだなれませんが、、、でもようやく少しずつ、自分の中にしか変化を求めることができないということがわかってきたつもりです。

 

どうありたいのか?
そして、どうなりたいのか?そのために今、どうあるべきか?

 

自分がどうありたいのか?34年も生きてくれば少しは自分という人間がわかってきています。どんなものを好み、どういう風に生きたいのか?それを表現することから始めてみます。
 
そして、そこから目標を立ててみる。目先のものに食らいつくのではなく、10年後20年後の自分がどうなっているのが理想なのかをイメージしてみる。
 
そうすると、今どうあるべきなのかがおのずと浮かび上がってくるのだと思います。

 

自分がどういうことを大切にして生きていきたいのかを知る。
長期的な目標を立てる。
そこから細かく砕いて日々の行動に移す。

 

大切なことは大きくてホワッとしてるものなんだけど、そうあるためには日々の行動や努力に繋がっている必要があるということがわかり始めました。
 
昨年の総括と今年の意気込みを込めて。

 

スポンサードリンク




 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ