遊びを仕事にするために、遊び始めて、遊び続ける。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
ここ1週間は、とてもブログを書く気になれませんでした。
 
medium_2403500077
photo credit: ….Tim via photopin cc

 

 

会社の仕事が忙しくて、時間がなかったとも言えるけど、「気持ちに余裕がなかった」というのが一番の理由だと思います。
これが「仕事」と「遊び」の境目なんだと実感しました。

 

「モノを書く」ということを仕事にできたら楽しいだろうな〜なんて想像していた時期もありましたが、現状の状態から考えると、仕事にするということに恐ろしさを感じます。
今は、「書きたくない」と思えば別に書かなくてもいいのです。別に制約があるわけでもなく、誰かと契約をしているわけでもなく、その日の気分に任せて「書くか、書かないか」を決めることができます。この状態は間違いなく「遊び」でしょう。やーめた!と言って投げ出せるのですから。

 

仕事というのは「約束」のことです。
目標を達成することで、誰かや何かとの約束を果たすこと。そこに価値が発生するから、対価が支払われるのです。
約束を破れば信用されなくなって、価値が減って、対価も減ります。
仕事と遊びの境目はそこにあるような気がします。

 

 

もしその「遊び」が、どんなに時間がなくても、どんなに疲れていても、一日が終わる最後の最後に少しだけでもやっておきたい、やりたい、と思えるものであれば、仕事と遊びの境界線を消すことができるかもしれません。

 

でもだからこそ、「遊び」をどんどん始めることがとてもいいことなのだと思います。
不便なもので、人間やってみないと自分の本当の能力や気持ちに気づけませんから。

 

「ちょっとおもしろそうだな〜」と思ったことは、すぐに、どんどん始めるべきです。
思わぬところから「仕事」と「遊び」の境界線を知って、それを消していくキッカケが掴めるかもしれません。

 

もうこのブログを運営し始めて1年が経とうとしていますが、私にとって、ブログを書くことは今は「遊び」です。
その「遊び」が、何かのキッカケで境界線を越える可能性は、きっとある。
書いている限りは。
 
これからもよろしくお願いします。

 

あなたの人生の文字盤が見つかることを願っています。
それでは!

 

スポンサードリンク




 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ