人生は、奇跡的で運命的な「完全なバランス」によって成り立っている。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

ads:

 

昨日、久しぶりの仲間と心温まる時間を過ごしたときに、自分たちの出会いは「人と人との相性」「タイミング」のバランスが絶妙だったな。みたいな自己満足的な話になりました。(笑)

でも、タイミングが悪かったり、人との相性が合わないときもあるけど、「奇跡的で運命的とも言える出会い」は絶対にあると思います。

そんなことを考えていたら、昔書いたエントリーを思い出したのでリトライしてみます。

 

 

 

アメリカのホームドラマでこんな話を観ました。

 

主人公(以下妹と呼ぶ)のお兄ちゃんがどうしょうもなくダメでヘンな人で、いつも失敗ばかりする。

今回は、電気を通すと磁石になるクリスマスツリーを作って、それが夜発火して、せっかく買ったクリスマスプレゼントが全部燃えてしまった。

妹は怒って、そのとき現れた天使(見た目はちっさいハゲたおっさん。笑)に、「お兄ちゃんをまともにして!」とお願いした。

天使はその願いを叶え、「お兄ちゃんがまともな世界」を作った。

 

medium_4209945264photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

 

 

目が覚めると、自分を取り巻く世界の変化に気づきます。
お兄ちゃんが「まともな人間」として世の中に存在したことで、目の前にあった絶妙なバランスで成り立っていた世界はまったく別世界になっていました。

大好きな家も、大好きな学校も、大好きな親友たちも…..

妹はそこで「自分が本当に大切に思っていること」に気づいたんです。

 

 

 

個人的な解釈ですが、このドラマをみて私が思ったことは、

今目の前に広がる世界は、奇跡的で運命的な、
「完全なバランス」によって成り立っている

ということです。

 

 

 

そう。自分のことも思えばそうです。

 

今、私には家族がいる。奥さんがいて、子どもが3人いる。

もし奥さんに出会って結婚しなければ…..
もしあのときあそこでバイトをしなければ…..
もし長野県の大学を選ばなければ…..
もしあの大学でみんなにに会わなければ、あの中学・高校でみんなにに会わなければ、小学校でみんなに会わなければ…..

 

もしサッカーをやっていなければ、友達がいなかったら、友達ををもっと大切にできていたら、親や兄弟をもっと大切にしていたら、東京に住んでいたら、付き合いを大切にする人間だったら、最初の会社を辞めなければ…..

 

 

人生にはたくさんの分岐点があって、私たちはそのひとつひとつの道を選択し、ここまで歩いてきました。

 

どこかひとつでも違う道を選んでいたなら、今の自分は「この自分」ではない。

 

今の自分に出会っているのはそういう運命とも、奇跡とも言えるような、「完全なバランス」によるものであるということです。

 medium_2738589070photo credit: James Jordan via photopin cc

 

 

奇跡的で運命的なバランスをかみしめて、また今日から自分の歩く道を選ぼう。

 

自分の選択した道に間違いなどない。

それが自ら真剣に選んだものであれば。

 

そう思います。

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ