「腹をくくる」と自分を信じてワクワクしながら生きることができる。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
腹をくくって生きると、見えてくるものがあります。
それは自暴自棄になることとは全く違います。「こんなのどうなったっていいや」というあきらめの気持ちで生きるということではありません。
生活・生きがい・お金・仕事・遊び…すべてを高い次元で実現しようという気構えを作り出すものです。
 
medium_3549378285
photo credit: DeusXFlorida (2,006,995 views) – thanks guys! via photopin cc
 

スポンサードリンク




 

本気で生きるってどういうことなのか、考えるようになります。
目の前の様々なことを極論で考えるようになります。
怖いものが少なくなって思い切って行動できます。
自分の考えていることを、臆せず言えるようになります。
時間の大切さを知ることになります。
家族の大切さを知ることになります。
仲間の大切さを知ることになります。
お金の大切さを知ることになります。
一時の感情で突き進んではいけないということを知ります。
でも感情の大きな揺らぎは重要な岐路であると知ります。
たくさんの人とのつながりを感じます。
正直に生きる大切さを知ります。
自分の強みを探しはじめます。
物事に本気で取り組むことの楽しさを知ります。
プライドは邪魔だということに気づきます。
多様性を受け入れる心が生まれます。
人の顔色など気にしているヒマはないと気づきます。
何かに「おもしろい!」と感じた自分に、敏感になります。
自分にしかできないことがある、ということに気づきます。

 

自分に本当に必要なことは何か?自分が本当にやりたいことは何か?という問いに真剣に向き合い、自分に正直に生きることにつながります。
これらの気づきと、自分に正直に生きようとする気持ちが、目の前の新しい道を切り開くのだと知りました。
 
自分にしか描けないストーリーがあります。
「世界のどっかの誰かさん」では絶対できない、自分にしかできないことがあると気づくのです。
 
腹をくくって生きること。それは自分を信じることにつながるのだと、最近わかりました。
自分を信じることができたなら、もうワクワクしか待っていない。
 
そしたらどんどん心がワクワクする方へ向かえばいいんだと思います。
目の前の世界は、色鮮やかに広がるはずです。
 
ワクワクしながら生きよう!
それでは!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ