人生を大きく変える選択をするときに大切な3つのこと。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
ここ2,3日は刺激的で深く考えさせられる日々でした。今年は本当に色んなことがある。というか、自分の人生を真剣に考え始めれば、おのずと思考は行動に変わり、いろいろなことが起こり始めるのは当然のことなのです。きっと。
 
ここ最近で実体験を通じて学んだ、大きな選択をするときに大切だと思ったことについて、ちょっとまとめてみました。よかったら読んでみてください。
 

medium_4483634926
photo credit: crazyad0boy via photopin cc
 

スポンサードリンク




 

選択の重みについて考える

人は目の前にある無数の選択肢の中から1本の道を決めています。それが大きな岐路である場合は大抵、世間体や人の評価や頑固な性格やプライドなどがちらついて、完全に白か黒かを決めたがり、一度決めたものの対極にあるものを否定しながら生きていこうとします。
 
でもそれは無数に存在する選択肢をどんどん減らしていく行為であり、その迷宮に迷い込むと本当に大切なものや自分がやりたかったことを次第に見失っていくのだと思うのです。
 

何かを選択するということは、何かを捨てるということ

 
これの重みを思い知りました。
例えば、何かを選択するときに、その先に広がる選択肢について思いを巡らせてみる。それはとても大切なことだと思います。選択肢は多ければ多いほど良い。でも選択肢ばっかり持って満足していても、何も成し遂げることはできないだろうから、いつか1つのことに人生を賭ける選択が必要なのかもしれないな、とも思いますが。
 
発展途上であればあるほど、何かに偏らず、選択肢を捨てずに「両方やってみる」「全部やってみる」という選択を真剣に考える必要がある。そう強く思いました。

 

 

原点に戻ってみる

目の前の選択について、悩みに悩んだら「生きていく上で本当に大切だと思っていることはなんだったか?」というのを思い出してみる必要があります。先ほども書きましたが、何かを選べば、それ以上に多くのものを失うのです。そのときに気持ちだけで突き進めば、自分が本当に大切だと思っていたものまで、知らないうちに失う可能性だってあるのです。
 

今、踏み出そうとしている道で、本当に大切なものを大切にできるのか?

 
もしかしたら大切にできないものもあるかもしれないけど、それでももっともっと大切なものを守るためにその道を選択できるのなら、その選択に間違いはないと思います。

 

また、原点に戻ったら、
 

今いる場所で「自分にしかできないことはないか?」を考えてみる

 
ことも大切だと思います。
大切だと思うことを大切にしながら、自分にしかできないことが目の前にあるのなら、その選択肢は一つの重要な選択肢であるはずです。

 

 

尊敬している人・好きな人に自分の選択について話してみる

人それぞれ、色んな見方があります。で、自分の選ぼうとしている道とは違う道を見せてくれる意見もあるのです。偏った見方ではなく、色んな視点で見てみることは本当に重要なことです。
 
でも大抵、人は自分の選択を口に出すときは、大きな覚悟をしています。だから簡単に自分の決断を変えませんが、自分がすごく尊敬している人とか好きな人の意見は、耳を傾けてしまうでしょう。そして違う道を見せてくれたなら、それについて真剣に考えてしまうのではないでしょうか。
 

覚悟を決めたら、あえて選択肢を増やせるような仕組みを作る

 
他の選択肢とその可能性について真剣に考えた結果、それでも自分の選択を信じて踏み出せるのなら、その強固な意志で様々な壁を越えられるはずだと思います。

 

 

これら3つを考えたあとに、少しでも揺らぎを感じるのなら、それは何かに固執して視野が狭くなっている証拠であり、自分がより良く生きるために必要な選択肢を捨てているということ。もう一度今選択した道の振り出しに戻って考えてみるべきです。

 

ただ、何かに固執してとことん悩み考えることは、それはそれでとても大事なことです。自分の内側にいる自分に語りかけ、今まで見えていなかった刺激的な選択肢を浮かび上がらせてくれるからです。固執することと、選択肢を増やして柔軟に考えること。対極するものの間に、やはり答えがあるのだと思います。

 

 

ここ最近、めまぐるしいほど色々な世界を見た気がします。だけど一つ決めていること。それは、どんなことがあっても、自分らしく、楽しく、前向きに生きれる道を選ぼうということ。それだけは絶対に決めています。
とにかく自分が「やりたい!」と強く思うことをとことん口に出していく。そうしなければもしかしたら叶うかもしれないものも絶対に叶わないし、大きな価値のある自分の人生を無駄にしてしまいます。
 
そういうわけで、もう一度自分の人生について考えてみます。
余計なプライドは捨てましたので、何度でも考え直せるわけです。
もちろん、行動しながら考えるわけです。考えているだけでは何も変わらないからね。
(自戒を込めて)
 
それでは!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ