イライラしてる人、必読!心屋仁之助さんに学んだことをまとめてみた。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
最近、心屋仁之助さんというカウンセラーがテレビで大活躍されています。
私はナイナイアンサーという番組で始めて知りました。深い悩みを持つ芸能人の心を溶かし、最後には生き生きした顔になる場面を見て「この人は本当にすごいな」と、そのカウンセリング術に感心しましたね。
 
相談者の今の状態から、過去にどんなことがあったのかを言い当ててしまう。
きっと、自分自身の経験と、たくさんの相談者の悩みを解決してきた経験から生まれた能力なのでしょうが、相談者がびっくりしてしまうほどズバリなのです。心が読めるのか!と思ってしまう。
 
そんなわけで、これまでナイナイアンサーで言っていたことや、心屋さんの本を読んで「なるほど!」と思ったことをブログに書いてきたものをまとめてみました。気になったものがあれば、かいつまんで読んでみていただけると幸いです。

スポンサードリンク




 

 

心屋仁之助さんの「心を溶かす」心理カウンセリング術について考える。 | SimpleeeLife

 
これはナイナイアンサーでMAXのリナさんが相談者だったときに書いたもの。
過去に負った、もう意識的に忘れていた傷を見つけられ、それを自分で認めてみるというところまで導いてあげる。心を溶かされていましたねー。
「無意識の自己否定スパイラル」から抜け出すための出口を一緒に探し、一緒に抜けだすこと。
それが心理カウンセリングということなのかな?なんて思いました。

 

 

 

ナイナイアンサーに出演中!心屋仁之助さんの言葉に学ぶ、夫婦のすれ違いを解消する方法。 | SimpleeeLife

 
夫婦は大抵、お互いが大事に思っていることを言葉にして言わないし、「愛情表現」についての認識にもズレがある。上に書いたようなお互いの「思い」をお互いが知らなかったら、つまり言わなかったら、ずっとすれ違ったまま。相手が「愛情表現」だと思ってしてくれていることを知らなかったら、ずっとすれ違ったままなのである。
 
夫婦の仲がうまくいかない理由は、その「違い」だけだから、お互いが大事にしているものをすり合わせておくことが大事なんだと、自身の経験も交えながら心屋さんは語っていました。

 

相手が大事にしたい物を大事にしてあげる。

 

なんかうまくいってないな、、、って思うときはちょっとこのことを思い出してみてください。きっとうまくいくような気がします。

 

 

 

心屋仁之助さんに学ぶ、心を緩めてイライラを解消する方法。 | SimpleeeLife

 
「してはいけない」という禁止に結果が引きずられる。これを心理学の世界では「否定命令」というそうです。
この投稿の中で紹介している本、

を読んでいるときに、ちょうど同じ話を色んなところで聞いて「これは本当にそうなんだ」と心に染みた記憶があります。
「してはいけない」と思い込みすぎると逆にそのことに心がフォーカスしてしまい、引き寄せられていく、ということみたいです。
 
自分に対しても人に対しても、「してはいけない」を「してもいい」にする。「しなければいけない」を「しなくてもいい」にする。
長期的な視点では、きっと結果はまったく違うものになるハズだと、心屋さんは言っていました。

 

 

 

心を満たすということ。イライラをなくして毎日を充実させる方法について。 | SimpleeeLife

 
心が満たされている人って、余裕があって、何事にも動じない、っていうイメージがあって憧れます。
まずイライラしないことがその条件になりますね。自分もそうですが、イライラしている人って余裕がなくてかっこ悪い。
イライラするのは何かが「減った」時だそうです。時間が減った、お腹が減った、信用が減った、心が減った、、、で、イライラしているときに「今何が減ってるんだろう」って考えるクセをつけると、あんまりイライラしなくなるそうです。
 
これは私も実践してみましたが、結構効果ありました!
以前よりはイライラが小さくなった気がします。
 
そして、心が満たされていて余裕があると、人に優しくできる。
私はこれが一番目指したい。どんな人にでも優しくできる人間でありたいと思います。

 

 

以上、4つをピックアップしてまとめてみました。
心屋さんの言っていることをうまく自分の中に取り入れることができれば、いつでも平常心で、心が満たされていて、余裕のある、器の大きい人間になれるんじゃないかな、と思います。最近忘れてしまっていたので、私ももう一度見直してみようと思いまーす。
 
それでは!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ