散りゆく桜を見て「変わらないために変わっていく」生き方に強さを感じる。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

木によっても、育ち方が全く違う。
育ち方が個性になっている。

 

くねくねと曲がりながら育つ木もあれば、まっすぐ天に突き刺さるように伸びる木もある。
花が咲く木もあれば、咲かない木もある。

 

ちょっと前まで何とも思わなかったけど、今は曲がりくねって伸びている木に妙に惹かれてしまう。
なぜなら、環境に合わせて常に変化をしながら、それでも成長していくチャレンジャーに見えるから。

 

何百年と生きていれば、気候の変動、大気の変動、地震や雷に出くわして、時には危機的な状況に陥った時代もあったかもしれない。
それでも、いくつかの道へ枝分かれしながら、時にねじれ、時に真っすぐ、時に曲がりながら、引力の法則に逆らって上へ上へと伸びながら、毎年キレイな花を咲かせてみせる。

 

毎年花を咲かせるために、変化を恐れず常にチャレンジしている強くたくましい姿である、と私は感じる。
「変わらないために変わっていく」その生き方を想像し、胸を打たれる。

 

生きていく上で、苦しいこともたくさんある。
その度に、考え方や性格が変わっていくことは別に格好悪いことではない。
その心が、「自分が本当に大切だと思うもの」と向き合っているのであれば。

 

散りゆく桜をみて、ふとそんなことを思った。
 

2013_ 4_16_ 6_18
上田市指定天然記念物
「義仲桜」樹齢800年

 

それでは。
 




 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ