キッチンカー製作が楽しくて楽しくて仕方がない件。

LINEで送る
Pocket

 

キッチンカー製作、楽しすぎます。

インパクトを使ったDIYの楽しさに目覚めた11月でした。

 

キッチンカー製作、10月の進捗

10月は外側のスプレー塗装までできました。

<参考記事>キッチンカー「死ぬかす1号」の製作、順調です。

製作を開始して2か月経ちました。

12月中に完成できるのか?

11月の進捗状況を確認していきます。

 

さあ次は、キッチンカーの内装だ

調理エリアの床づくり

まず、備え付けのシートをすべてはぎ取り、コンパネを張っていきました。

 

床のサイズに合わせてコンパネを切り出し、ブラックのオイルステインを塗り、車の床とコンパネをビス止めしていきます。

板の切り出しは、先生にお任せしてしまいました。

いつもありがとうございます!

そして、ここで運命の出会いがありました。

びっくりしたのが、「鉄板にコンパネをつけるのは、ビスとインパクトでできる!」ということ。

ぼくはこの「インパクト」というツールに衝撃を受けました。

「なんだこのツールは、、、インパクトがあれば何でも作れるじゃないかー!」

というワケで、自前のインパクトを購入。

ぼくはこれを買いました。

 

38歳にしてすごく素晴らしいツールを手に入れました。

床はこの通り。

とにかくインパクトにハマっています。

インパクトを使って、家では机や台所用の棚をつくったり、職場では台車をつくったりしております。

 

天井づくり

お次は天井に板を張っていきます。

鉄板むき出しのままでは熱がたまってしまいます。

夏の暑さがハンパなさそうだったので「グラスウール」という断熱材をはさむことにしました。

んーいい感じになってきた。

 

運転席と調理エリアの仕切り板用の柱

キッチンカーの許可を取るためには「運転席と調理エリアの間に仕切り板をつくる」のが必須です。

仕切り板を立てるために、柱をつくることにしました。

柱の足部分は、床板にビス打ちし、天井とはL字金具を使ってビス打ちしました。

 

天井を白の水性オイルステインで塗装

カインズホームで水性オイルステインのホワイトと刷毛を購入し、塗装。

水性のオイルステインを天井に塗るため、ポタポタと落ちてきて大変でした。

 

運転席と調理エリアの仕切り板を取り付け

仕切り板、下側のみ取り付けです。

取り付ける前に塗装をしておいた方がラク。

 

まとめ

11月はここまででした。

次回の製作で運転席と調理エリアの仕切りを完成させ、いよいよ調理エリアのカウンターやシンクづくりに取り掛かります。

巻いてかないと、期日に間に合わない!

あと3週間、がんばります^ ^

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 現在、長野県東御市というところに住んでいます。 東御市は青空がキレイなところで、とてもいいところです。 毎朝欠かさずにバターコーヒーを飲んでいます。 みなさんにも飲んでもらいたくて、毎週水曜日、上田市にあるNABOで淹れております。よかったらどうぞ^ ^