コトバヤ、タカハシハンコ店、ケシゴムハンコ。

LINEで送る
Pocket

 

コトバヤというお店がある。

そこに、高橋さとみさんという人がいる。

行くたびに、「ここはいいお店だなぁ」と思う。

お店自体が店主の人柄そのもののように感じたりもするし、店主を感じさせないような雰囲気のときもある不思議な空間だ。

 

こんな使い方は本当はあまりよくないのかもしれないけれど、ぼくは落ち込んだり辛くなったりするとコトバヤにきてしまう。

離婚する前も離婚してすぐのときもよくここに来ていたし、あまり気持ちよく仕事ができないときもここに来る。

ひとり掛けのソファに座って、コトバヤの本たちに囲まれてコーヒーやスイーツで気持ちを落ち着かせ、さとみさんが忙しくなさそうなときに最近の出来事や感じたことなどを話す。

自分の中から出したい言葉が話の流れの中で出せないときもあれば、その話をしに来たんだ!と言わんばかりに強引にのっけから話して不自然な感じになるときもある。

そういうぼくの言葉を、ただ普通に普通のことにしてくれて、結局普通のことになって、ただただ普通に話をする。

時間がなかったり、お客さんがいっぱいきて、話が途中な感じで終わって帰ることもあるけれど。

それでもコトバヤを出るときはいつも、心が軽くなり、「明日からまた自然体でがんばろう」と思う自分になっている。

ずいぶん前に「学生時代も、サラリーマン時代も、結婚生活も。これまで自分は自分から逃げてきた。それが辛かった。」という話をさとみさんにしたことがあった。

そのとき、ぼくの心が忘れてしまっている大きな悲しみを、ぼくよりもわかってくれて悲しんでくれたことにびっくりした。

そのおかげで忘れていた悲しみを思い出し、過去と同じような辛い道に進もうとしている自分を察知することができた。

コトバヤにはウソがない。

だから、これまでさんざん自分にウソをついて生きてきたぼくにとっては、とても居心地がいいのだと思う。

普通の自分でいられるから。

 

そんなコトバヤのなかにある『タカハシハンコ店』。

ケシゴムで作る「ケシゴムハンコ」の受注生産をしているんです。

ひとつひとつ、時間をかけて、丁寧にこだわってつくってくれる。

ハンコにしたい写真を持って行って、5000円を支払えば、店主の納得がいくまでじっくり時間をかけて作ってくれる。

気長に待つというスタンスを忘れてはいけません。

ちなみに、この写真から、

大野 晃義さんの投稿 2017年4月19日水曜日

 

こんな素敵なハンコになりました。

 

インクを乗せて紙に押すと、さらに素敵。

言葉と文字も、味が出ていい感じになっています。

 

大野 晃義さんの投稿 2017年10月8日日曜日

 

インクが乗らない凹の部分の模様にもこだわって削っている。

細部にも気持ちが入っていて、ハンコ全体が生き生きとしてみえます。

 

2018年の5月くらいだったかな?ケシゴムハンコのワークショップがあったので、チャレンジしてみました。

簡単そうに見えて難しい、時間を忘れて没頭できる、とても楽しい作業でした。

レモンスカッシュおいしかった。

 

ぼくはさとみさんがつくるケシゴムハンコが好きで、もう一個注文したいと思っています。

年賀状にも良さそうだね。

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 現在、長野県東御市というところに住んでいます。 東御市は青空がキレイなところで、とてもいいところです。 毎朝欠かさずにバターコーヒーを飲んでいます。 みなさんにも飲んでもらいたくて、毎週水曜日、上田市にあるNABOで淹れております。よかったらどうぞ^ ^