キッチンカー「死ぬかす1号」の製作、順調です。

LINEで送る
Pocket

 

この本読んでキッチンカーをやることにした大野です。

 

キッチンカー「死ぬかす1号」製作過程

ステッカーはがし

まずはステッカーはがし。

ステッカーの部分に刷毛で灯油を塗り、粘着を浮かせて、へらでそぎ落として行きます。

劣化しているからか、接着剤が固着していてはがすのにかなり苦労しました。

ステッカーはがしだけで、1日使いました。

 

耐水サンダーで表面を滑らかにする

塗装するために、取り切れなかった接着剤と傷など、ボコボコした部分をできる限り耐水サンダーでキレイにしていきます。

#400の耐水サンダーとマキタ仕上サンダー(振動で対象物を擦る機械)を使って作業しました。


この作業はマジで大変。

車体にサンダーを押し付ける力もけっこういるし、ステッカーの接着剤がなかなか取れず。

完全にツルツルにするのにはカラダが持たないと判断し「まあ、こんなもんでいいか!」というところで、サンダー作業を終了させました。

 

マスカーとマスキングテープで塗装したくないところを覆う

「マスカー」という言葉をこのときはじめて知りました。

マスカーは下の写真でいうと窓を覆っている紙の部分。紙だけでなくビニール製のもあります。

まずは枠に沿ってマスキングテープを貼ります。

不要な部分をカッターで切り取っていきます。

そしたら、内側をマスカーで覆っていきます!

とにかく塗装したくない部分が全部隠れるように、がんばってマスカー・マスキングテープを施すんです!

 

お昼休憩

うまい!

 

スプレーで塗装する

まず塗装色を決めたら、色付きスプレーとボカシ剤というのを購入します。

色付きのスプレーで塗装後、ボカシ剤を全体に吹きかけると色がなじみます。

ぼくはこちらを購入。

 

 

塗装後。

マスカーとマスキングテープをはがします。

あらまあ、なんと美しい仕上がり。

ちなみに、塗装色のスプレーを5本購入して全体にスプレーしていったのですが、屋根を塗装する直前ですべて使い果たしてしまいました。

今回用意したスプレーで全体を1回塗装するだけでも塗装色用合計7,8本、ボカシ剤合計2,3本は必要。

2層、3層と塗装した方がよりキレイに強くなるようなので、本当はもっと塗装する予定だったのですがスプレーが足りず。

でもまあ、これだけキレイに塗装できたんだから大満足です。

サンダー、マスキング、塗装で丸々1日使いました。

 

まとめ

作業場所は、太陽と風が気持ちよく、上田の町や山がより美しく感じるところです。

これから内装に入ります。次は車の内側の天井をつくる予定。

塗装を見るとチョコレートっぽいので、カレーだけじゃなくチョコレート販売もしようかなと思案中。

キッチンカー「死ぬかす1号」の完成が楽しみです。

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 現在、長野県東御市というところに住んでいます。 東御市は青空がキレイなところで、とてもいいところです。 毎朝欠かさずにバターコーヒーを飲んでいます。 みなさんにも飲んでもらいたくて、毎週水曜日、上田市にあるNABOで淹れております。よかったらどうぞ^ ^