「今日も心臓が動いている」と気づいたときにやりたくなったこと。

LINEで送る
Pocket

 

いつもは当然のように朝目覚めて、当然のようにトイレに行って、当然のように水を飲み、当然のように一日がスタートする。

でもたまに、なぜか、「あ、今日も心臓が動いている。生きているな。」と、ベッドの上で目覚めた瞬間に感じることがある。

いつもはなにも感じないで生きているけれど、朝起きて、「心臓が動いている不思議」を感じることがある。

 

今日も世界から誰かがいなくなり、そして自分がこの世界で生きていることは、とても不思議なことだ。

もしかしたら、自分がいなくなって、いなくなるはずの誰かが生きているはずだったかもしれない。

だから「今日も自分の心臓が動いている」ことは不思議なことなんだ。

 

一生懸命生きて、まだまだ生きてやりたいことがあったであろう、今日いなくなった人が握りしめていたバトン。

「大丈夫、次につなげるよ」

と、伝えられることはほとんどない。

でも、今日の朝も心臓が動いていたぼくは、

今日いなくなってしまった人が持っていたそのバトンを受け取って、

そこに染み込んだ気持ちを勝手に解釈して、

心臓が動かなくなる朝の、前の日まで、

そのバトンを握りしめて、

心臓が動いている次の誰かに手渡すこ仕事を、

したいと思った。

 

「大丈夫、次につなげるよって直接伝えたかったな」とか、この先後悔しないように。

大切な人が持っている次につなげたいと思っているバトンを、

会って、話して、聞いて、限りある同じ時間と空間を過ごして、感じたいと思います。

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 現在、長野県東御市というところに住んでいます。 東御市は青空がキレイなところで、とてもいいところです。 毎朝欠かさずにバターコーヒーを飲んでいます。 みなさんにも飲んでもらいたくて、毎週水曜日、上田市にあるNABOで淹れております。よかったらどうぞ^ ^