【日々の記録】目の前のことに集中している「つもり」になっているだけだった。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
「目の前のことに集中する」ことの難しさを実感した日だった。

たとえば原付バイクの運転中。

原付バイクに乗り始めたころは、転んだときのことを想像すると怖くて、ハンドルを取ることと周囲の状況に集中していた。

完全に「原付バイクを運転すること」に集中していた自分を思い出す。

でも今は、道を歩く人のこと、お店の看板、今日の仕事はどう進めようか、帰ったら何しようかな、、、

運転しながら実にいろいろなことを考えている。

運転に集中していない、危険な状態だと感じた。

たとえば会議中。

目の前の人が真剣に話をしているときにスマホがブルブルする。

フッと一瞬、目の前の人の言葉が頭に入らなくなる。

途切れた言葉はもう取り戻すことができない。

いま相手が話している言葉からその前にしゃべっていたことを自分勝手に解釈して話に戻るしかない。

という感じのことが、1日の中にどれだけあるか、感じてみると面白い。

 

昨日の昼食と夕食

【本日の食事】 と言いつつ昨日の食事。 ・ 昼食 アスパラベーコン巻き、玉子焼き、焼き鮭、ブロッコリー、おむすび、ブルガリアヨーグルト ・ 夕食 卵かけ羽釜ごはん、大根と豆腐とわかめのみそ汁、ブロッコリーとアスパラと塩糀漬け鶏むね肉と豚肉のグラスフェッドギー炒めバンバンジー風味 ・ 間食 みかん3個、カカオ70%チョコレート5枚 ・ 昼食の材料はほぼほぼ固定化してきた。安定の昼食。 ・ グラスフェッドギーはバターコーヒーに使うのはイマイチだけど、料理に使うととても美味しい仕上がりになる! 豆板醤と芝麻醤とグラスフェッドギーの組み合わせは、チャーハンにしても絶対美味しいハズだ。 ・ 間食が多めだった。 #グラスフェッド #ギー #羽釜ごはん #塩糀 #とりむね肉

大野晃義さん(@hagemarua)がシェアした投稿 –

ぼくは、何にでも合う、どんな料理にしても美味しい、万能な調味料や食材が好きなようです。

みかんを3個、チョコを5枚食べた。

糖質多めな日だった。

 

本日の体重

前日より+0.2kg。
前々日より+0.2kg。

やっぱり最新型の体重計はウソをつかないな。

体重、体脂肪率、ともに増!

もっともっと実験しよう!


タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ブラック RD-906‐BK

 

本日のバターコーヒー

【本日のバターコーヒー】 ・ コーヒー タイムエスプレッソ ペルーカハマルカ深煎り20g 挽き方粗め ・ グラスフェッドバター ニュージーランド産アンカーバター14g ・ MCTオイル ココナッツ由来100% 8g ・ 【感想】 ギーからグラスフェッドバターに変えてみて思ったのは、「お腹の空き具合がギーの方が軽いっぽい」ということ。 グラスフェッドバターとギー、同じ量を使う場合は、ギーの方が満腹感をもたらす油分量が多くなる。 だからかもしれない。 ・ 味を取るのか、満腹感を取るのか。 両方重要。どうするか、、、 ・ コーヒー豆は、昨日フェイスブックでコメント頂いた通り、中まで焼けていない感がある。 焙煎は奥が深いんだなぁ。 #バターコーヒー #グラスフェッドバター #MCTオイル #タイムエスプレッソ #みちひらき #ギー

大野晃義さん(@hagemarua)がシェアした投稿 –

【参考記事】1杯10分で完成!マイベストなバターコーヒーの作り方。

感想

グラスフェッドバターで作るバターコーヒーは美味しい。

けど、満腹感はギーの方が持続する感じがありました。

ペルーカハマルカの焙煎も、もう少しできることがあると感じた。

こいつの力はまだ眠っている、まだまだ引き出せていない、と感じた。

もっと実験しよう。

 

まとめ

食事のとき。

会話や考え事、あるいは仕事をしながらごはんを食べてはいないだろうか?

ぼくはしょっちゅうある。

「目の前の食材を作っている人、料理をしてくれた人、食材そのものと向き合えているだろうか?」

と振り返ってみると、全然できていないことがわかった。

食事にすら集中できていない。

1つのことにさえ集中できていない。

目の前の物事や人に、心を通わすことができていないのだ。

人間の脳は構造的に様々なことを同時に考えたり実行することができないらしい、ということがこの本を読んでいてわかった。

いまこの瞬間には、1つのことにしか集中できないようになっている。

「自分にはできる!」と言っている人がいとしたなら、それは勘違いだ。

とにかく、どんなことでもいいから、目の前の1つのことに集中する練習からはじめようと思いました。

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ