【日々の記録】ひとつずつ進化・深化させていこう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
昨日、2017/11/11。

サラリーマン時代に培った、土日に気が抜けるクセがスゴいんじゃ。

でも、頭の中は「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」って感じで焦ってる。

やるべきことが次々と浮かび、ただただ焦る。

結果、何にも進まない。

何かいい方法はないものか?

 

昨日の昼食と夕食

【本日の食事】 と言いつつ昨日の食事。 ・ 昼食 塩糀漬け鶏むね肉グラスフェッドバター焼き、玉子焼き、焼き鮭、ブロッコリー、さつまいも、おむすび、ブルガリアヨーグルト ・ 夕食 豚肉とアスパラのグラスフェッドバター醤油糀炒め、きゅうりとベーコンにバンバンジーのタレをかけた食べ物、羽釜ごはん、リンゴ ・ 間食 チップスターのりしお、カカオ70%チョコレート2枚、トッポ2袋 ・ どーしてもお菓子が食べたくなってしまって食べてしまう!お菓子はおいしい。 寒いからカラダが脂肪を蓄積しようとしてるのかな?

大野晃義さん(@hagemarua)がシェアした投稿 –

 

本日の体重

前日より-0.2kg。
前々日より-0.2kg。

昨日の運動は、立ったままアブローラー5回、腕立て伏せ20回。

体重は安定し、筋トレもしているけれど、体脂肪率が上がったまま下がらない。

この体重計、体脂肪率をどのように計算しているのか、調べてみた。

●生体電気インピーダンス法
生体電気インピーダンス法とは、からだに微弱な電流を流し、その際の電気の流れやすさ(電気抵抗値)を計測することで体組成を推定する方法です。「脂肪はほとんど電気を流しませんが、筋肉などの電解質を多く含む組織は電気を流しやすい」という特性を利用します。 からだの中で電気を通す組織である筋肉組織は、その太さ(断面積)により電気の通りやすさ(電気抵抗値)が異なります。断面積が大きいほど電気抵抗値が低く、断面積が小さいほど電気抵抗値は高くなります。電気を通して判明した電気抵抗値と、予め入力された身長から筋肉組織の長さを割り出し、太さと長さを組み合わせることで筋肉量を計算しています。ここで割り出された筋肉量と測定した体重、予め入力された情報とたくさんの統計データから、どれだけの脂肪がからだについているのかを推定しています。

上記の原理を利用すると、身長と体重が同じでも脂肪の多い人と少ない人では、からだの電気特性に下記のような違いがあることが分かります。
・脂肪の多い人(筋肉の少ない人)⇒電気抵抗値が大きい
・脂肪の少ない人(筋肉の多い人)⇒電気抵抗値が小さい
この電気抵抗値の違いをもとに分析を行っているので、乗るだけで(体重と電気抵抗値:インピーダンスをはかることだけで)体組成を導き出すことが出来るのです。

(TANITA 体組成計の原理から引用)

なんか最近、身長が縮んでいる気がしていて笑、身長の正確なデータを入力することで体脂肪率にも影響あるかもしれないなぁ、ということがわかった。

早速この前の健康診断の数値を入力しよう。

もっともっと実験しよう!


タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ブラック RD-906‐BK

 

本日のバターコーヒー

【本日のバターコーヒー】 ・ コーヒー タイムエスプレッソ ペルーカハマルカ深煎り26g 挽き方粗め ・ ギー ニュージーランド産アンカーバターから精製したギー16g ・ MCTオイル ココナッツ由来100% 5g ・ 【感想】 グラスフェッドバターからギーを精製しました。 ・ ギーとは、バターを熱して水分とタンパク質を分解して取り除いたもので、「澄ましバター」とも呼ばれています。 ・ 本日は不純物のない特製オイル『グラスフェッドギー』で作ったバターコーヒー。 ・ バターからつくったものよりも若干泡立ちが少なくなりましたが、味は同じ感じに仕上がりました。 ・ しばらく試してみます! #バターコーヒー #グラスフェッドバター #MCTオイル #タイムエスプレッソ #みちひらき #ギー

大野晃義さん(@hagemarua)がシェアした投稿 –

コーヒー豆

タイムエスプレッソペルーカハマルカ深煎り26g 挽き方粗め

ギー

ニュージーランド産アンカーバターから精製したギー16g

MCTオイル

ココナッツ由来100% 5g

【参考記事】1杯10分で完成!マイベストなバターコーヒーの作り方。

感想

「ギー」を作って、使ってみました。

分量がまだつかめていないせいか、ちょっと脂っこい感じに。

でも美味しいです。

しばらく試行錯誤します!

 

まとめ

脳の動き方的には、マルチタスクはありえないそうです。

ひとつずつやるしかありません。

焦らず進化・深化させていこう。

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ